建設業界が大物族議員・佐藤信秋氏のパーティー券を割り当て購入!復活した族議員政治がアベノミクスの足を引っ張る!
〔PHOTO〕gettyimages

 円安・株高をもたらした「アベノミクス」に経済界が浮かれている。

 マクロ経済では日銀の尻を叩いて大胆な金融緩和に踏み切り、ミクロ経済では財政出動による公共工事で手っ取り早いカンフル剤を打つ---。

 借金問題を抜きにすれば、これで景気が上向かないわけはないという"鉄板"の景気浮揚策である。

 安倍首相は、何か特別なことをしたわけではない。

 通貨供給量の調整によって景気をコントロール、数パーセントのインフレに持って行くマクロ経済の「世界標準」と、財政を公共事業にうまくつなげて全国の"地元経済"を活性化させるという自民党が築き上げたミクロ経済の「日本標準」をうまく合体させた。

 ただ、「いいところ取り」という批判は免れない。

 世界標準に沿えば、成長戦略を描いたうえでの創造的破壊が欠かせない。しかし、日本経済再生本部というミクロ経済再生の場が描いた成長戦略は、「産業の再興」「国際展開戦略」「ターゲティングポリシー(有望分野の育成)」と、"言葉遊び"の印象で、切迫感に欠ける。