[ボクシング]
杉浦大介「バーナード・ホプキンス、48歳で世界王座獲得なるか」

史上最年長のベルト奪取へ

誕生日にブルックリンで行なわれた会見でホプキンスは次戦への意気込みを語った。

 3階級制覇王者バーナード・ホプキンスにとって48度目の誕生日にあたる1月15日、その次なる挑戦が発表された。

 通算52勝(32KO)5敗2分1無効試合のホプキンスは、3月9日にブルックリンで無敗のIBF世界ライトヘビー級王者タボリス・クラウド(24戦(19KO)無敗)に挑む。2011年に46歳4カ月で世界タイトル獲得を果たした老雄は、この試合に勝てば自らが持つ最年長王座奪取記録をさらに更新することにもなる。

「自身のレガシーを守るための戦いだ。クラウドはタイトルを防衛し、自身のレガシーを築こうとするのだろう。彼は3月9日に俺のキャリアを終わらせようとし、俺は引き延ばそうとする。俺にとって年齢は敵ではないよ」

 壇上でそう語った挑戦者には、プロモーターからバースデイ・ケーキもプレゼントされた。現在のホプキンスにとっては年齢との戦いが最大の話題であるだけに、誕生日パーティと試合発表を合わせた会見は上手な売り出し方と言えるだろう。

 筆者が初めてホプキンスの試合を生観戦したのは、米同時多発テロ事件直後のニューヨークで行なわれたフェリックス・“ティト”・トリニダード戦。36歳の年齢もあって絶対不利とみなされた一戦で、ホプキンスはプエルトリコの雄を12ラウンドTKOに下して業界関係者を驚かせた。この時点ですでに加齢による限界が囁かれていたことを考えれば、依然として第一線で戦い続けていることは驚異としか言いようがない。

 トリニダード戦後にはオスカー・デラホーヤにもKO勝ちし、ミドル級の主要4団体王座(WBA、WBC、IBF、WBO)を史上初めて統一。40歳を超えてからも、アントニオ・ターバー、ロナルド・ライト、ケリー・パブリックといった評価の高い選手たちを明白な形で撃破してきた。

 そして2011年には、当時28歳だったWBC世界ライトヘビー級王者ジャン・パスカルに敵地モントリオールで判定勝利。ジョージ・フォアマンが持っていた45歳9カ月の記録を破り、前記通り、ボクシング史上最年長でのタイトル獲得に成功したのだった。