野球
二宮清純「アスレチックス中島裕之の原点と可能性」
ベストナイン4度の実績を誇り、日本を代表する遊撃手の中島

 今季からアスレチックスでプレーする中島裕之選手の、“育ての親“と言えば、西武で打撃コーチやヘッドコーチなどを歴任した土井正博さんです。中島選手は遠征に出る際には、今でも土井さんの現役時代の打撃フォームの写真をバッグにしのばせています。調子が落ちると、原点確認のために写真とにらめっこするそうです。土井さんへの心酔ぶりが窺えるエピソードです。

 ところで土井さんが育てたバッターには、ある特徴があります。とりわけ右バッターに顕著なのですが、それほど内角球を苦にしないのです。その典型が現在は中日でプレーする和田一浩でしょう。西武時代、2004年の日本シリーズで、中日・川上憲伸の内角へのシュートを腕をたたんでレフトポール際に叩き込んだシーンは今でも語り草です。

  最近では“おかわり”こと中村剛也と中島が土井教室の優等生でしょうか。内角を突いてもコンパクトなスイングでレフト線を狙います。それでいて飛距離も稼げるのですから、ピッチャーにとっては厄介なバッターでしょう。

内角打ちの極意

 土井さんの現役時代、パ・リーグには稲尾和久さん(西鉄)を筆頭に森安敏明さん(東映)、木樽正明さん(ロッテ)など名うてのシュートピッチャーが揃っていました。彼らのボールをどう打つかが、主砲の使命を果たす上での最大の課題でした。
「たとえば森安なんて横手からシュート気味のボールをどんどん放ってくる。しかも、ものすごい荒れ球だから怖くてなかなか踏み込んで行くことができない。腰を半分だけ残して、足はもう逃げている。逃げていても左肩だけは残すという打ち方で対処していました」

  内角球を打つ際のアドバイスとして、多くのコーチが「体を開くな!」と口にします。しかし、言うは易し、行うは難し。食い込んでくるボールに対し、恐怖心を持つなということ自体、土台無理な話です。

  その点、土井さんの話はわかりやすい。「足は開いてもいいけど、ピッチャーに向かう前の肩だけは絶対に開いてはダメ」。そして、続けます。「長嶋茂雄さんしかり、落合博満しかり。歴史に名を残すバッターは皆、足は開いても、前の肩だけは絶対に開かなかった」