2013.01.24(Thu)

私が息子に買ったグローブ、あまり使わなかったんです。
でも、まだモノとしての命は終わっていない。
弊社は、こういった品に再び活躍の場を与える、プラットフォームでいたい。

ブックオフ コーポレーション 松下展千

週刊現代
  • print
  • rss
  • 筆者プロフィール&コラム概要
'91年に創業し、古書店のイメージを一新した『ブックオフ』。CD、DVD、ゲームなども買い取り・販売し、最近は携帯電話、古着など本以外の商品に力を入れ、売り上げを伸ばしている。現在のトップは松下展千氏(44歳)。'03年にみずほ銀行から同社へ転職、'11年から社を率いる青年社長だ。

 
私が息子に買ったグローブ、あまり使わなかったんです。 でも、まだモノとしての命は終わっていない。 弊社は、こういった品に再び活躍の場を与える、プラットフォームでいたい。まつした・のぶゆき/'68年、福島県生まれ。'91年に成蹊大学経済学部を卒業し、日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行)へ入行。'03年にブックオフコーポレーションへ入社し、'11年9月より現職。少年時代に合唱をしており、特技はその良く通る声で「にぎやかな居酒屋でも店員さんを逃さず注文できること」とか

4代目社長

 子どもの頃は、我が道を行くわけでなく、ガキ大将でもなく、ひたすらまわりの目を気にするタイプだったんです。いつも〝自分は今、何を求められているか〟を考えていました。そんな少年時代が、経営者としての礎になっているかもしれない、と思います。

座右の銘

 昔から本は好きでした。中学生の時、実家にあった吉川英治先生の三国志を読みふけり、その後は、松本清張先生の推理小説、山岡荘八先生の歴史小説などを好んで読みました。

 好きな言葉は、古代中国の高官・楊震が賄賂を渡されそうになった時に放った台詞です。「天知る、地知る、我知る、子知る」―隠し事などできない、誰が見ていなくても、恥じる事のない振る舞いをしよう、という意味だと考えます。この心があれば、人生、間違うことはないでしょう。あと、何かあった時、ごめんなさいと素直に謝る力の源泉にもなると考えます。

安全策

 '91年に銀行へ就職し、約5年間、証券部門に在籍し、今後の金利の動向を予測する仕事などを担当しました。記録的な円高低金利が始まった時期です。その時、お金について様々考えました。実は私、今もまったく財テクはしないんです。もし今、私にお金があれば外貨に換えると思います。日本がしっかりしていれば、円高で資産が目減りしても本業で稼げる。一方、円安になれば資産が増えるからです。

1
nextpage

経営戦略 一覧ページへ

媒体最新記事一覧