[陸上]
白戸太朗「1万人の笑顔」

 冬にしては風のない荒川河川敷。早朝こそ冷え込んでいたが、気持ちのいい天気の日曜日に1万人を超える人が走っている。単純に「1万」というけれど1万人の人が一度に動く景色は壮観! ここ数年、満員御礼の「谷川真理ハーフマラソン」は、今年も大勢の参加者で賑わった。

 その名の通り谷川真理さん自身がランナーに楽しんでもらおうと作っている大会で、今年で14回目を迎えた。選手個人の名前を大会名称にするという珍しいケースではあるが、ランナーであるスタッフだからこそできる気遣いが好評で、国内有数規模のハーフマラソンとなっている。この大会を見ていると、「ランニングイベントも変わったなぁ」ということを実感し、典型的なトレンドを示している。

トップランナーと一般ランナーの交流

 まず、一流選手から一般ランナーまでが同じスタートで楽しんでいる姿。今では珍しくないが、10年前まではトップ選手と一般ランナーが出場するレースは全く別の大会であるのが普通だった。それがここ数年は都市マラソンなどで一緒にスタートすることが増えてきており、一般ランナーには嬉しい限りである。それも単にゲストとしての顔見世ではなく、参加選手としてマジメに走ってくれるのは刺激になる。トップ選手とはTVで見る別世界の人ではなく、自分たちの身近なヒーローなのだということが意識できるいい傾向であると思う。本大会には今年も“市民ランナーの星”として有名となった川内優輝選手(埼玉県庁)や、吉田香織選手(PUMAランニングクラブ)などの国内トップ選手が参加し、一般ランナーを引っ張った。

 さらには、引退したトップクラスの選手が、一生懸命楽しんでいる姿が見られるということ。従来は陸上の選手は引退すると、ほとんど走らなくなるか、走ったとしても大会などに出場しないことが多かった。ところが、最近は引退後も、他の仕事をしながら走ることに取り組む選手が増えてきている。この大会は谷川さんの広い交友関係もあり、特にそんな姿を多く見ることができる。1994年広島アジア大会銀メダリスト早田俊幸さん、同1万メートル銀メダリスト平塚潤さん、箱根駅伝で活躍し、5000メートルの日本チャンピオンにもなった徳本一善さんなど、マラソンファンにはおなじみの面々が、年齢こそ感じさせつつも真剣に走っている姿が印象的だ。さすがに全盛期のタイムには及ばないが、一目で分かる美しいフォームは一般参加者を喜ばせてくれる。