佐藤優さんに質問---ミャンマーに対し日本政府、民間を合わせ交流していくという選択肢は正しい
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.005より 
【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.005 目次】
―第1部― インテリジェンス・レポート
 ■分析メモ(No.10)「兼原信克・内閣官房副長官補人事の重要性」
 ■分析メモ(No.11)「金正恩の元旦演説」
―第2部― 読書ノート
 ■『隣人。38度線の北』
 ■『モサド・ファイル イスラエル最強スパイ列伝』
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 佐藤優さんの今後の予定

読書ノート(No.8)

◆初沢亜利『隣人。38度線の北』徳間書店 2012年

 北朝鮮について知るための優れた写真集だ。北朝鮮の普通の人々の生活を伝えようと懸命の努力をした初沢氏の誠実さが写真そして巻末の文章から伝わってくる。当然、この種の写真集を出せば、「北朝鮮のプロパガンダ(宣伝工作)に利用されている」という批判がなされるが、そのような表面的批判を突破する力がこの作品にはある。初沢氏は、

この写真集こそが北朝鮮の真実である、というつもりは毛頭ない。真実とはそれ自体多面的なものであり、どこに眼差しを向けようとも、それらは無数の真実の一部でしか有り得ない。/『隣人』には明確な意図も介在している。「違和感ではなく共感を拾い集めること」。マスメディアの情報に偏りがあるのと同様に、この写真集にも一定の偏りがある。そのような前提で見ていただいたよう方がむしろ安全であろう>(167ページ)

 と述べる。・・・・・・(略)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら