古賀茂明「手抜き除染は起こるべくして起こった」

「古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン」Vol.049 日本再生のためにより

【「古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン」Vol.049 目次】
―第1部― 日本再生のために
 ■1.体罰で自殺? 教育委員会と市長の責任
 ■2.教育委員の罷免と過去の調査の再調査を外部の手で
 ■3.許される体罰はあるのか?
 ■4.体罰を止められなかった組織文化への反省
 ■5.手抜き除染は起こるべくして起こった
 ■6.アベノミクスと公共事業と規制改革
 ■7.郵政人事と日銀総裁人事の危うさ、そして「消えた」公務員改革と行革
―第2部― 読者との対話
 ■皆さんからいただいた質問やご意見へのコメント

5.手抜き除染は起こるべくして起こった

驚くべき実態

 1月4日の朝日新聞一面トップに「手抜き除染 横行」という記事が掲載された。

 その内容に入る前に、異様に寒かった12月中旬に1週間、計130時間かけて林や物陰に身を潜めながら取材したという4人の記者に敬意を表したい。

 どのような手抜きが行われていたのか、かなり細かい具体的な話が作業員の証言と写真(後にテレビで映像も流された)で明らかにされた。集めた汚染土や枯葉などのゴミを川に流したり、山林などに放置したり、本来は回収すべき除染に使った水を側溝を通じて川に流したり、様々なケースが報じられた。他のテレビ報道では、そもそも除染をちゃんと行っていない(屋根をほうきで掃いただけ、とか雨どいを放置したまま、とか、20メートル程度除染しなければならない宅地周辺の林を2メートル程度刈り取っただけなど)ケースも報道された。当然のことながら、「除染」されたはずの民家の庭先で線量計が高い数値を示すケースも非常に多いこともわかった。

 しかも、驚くべきことに、このような手抜きが、ごく一部のふとどきな作業員によって、隠れて行われたのではなく、現場監督や元請の企業からの指示で組織的に行われていたというのだから、これはかなり根の深い問題だととらえなければならない。

これは全国民に対する裏切り行為である

 今年から、復興増税として、我々国民も所得税や住民税の増税で負担を強いられる。国民は、被災地の人達のためだからということで、納得してこれに応じている人が大半だ。一般市民からの義捐金と同じものだという感覚があるからだろう。今回の手抜き除染は、被災者に対するとんでもない裏切り行為であると同時に国民に対する深刻な背信行為でもある。だから、こうした行為をした人々や企業に対する憤りをテレビのコメンテーターたちが声高に叫ぶのも当然だろう。

 しかし、実は、こうした事態は、むしろ起こるべくして起こったというのが事の本質に近いのではないかと私は見ている。

 まず第一に、除染したゴミを決められたとおりに集めて保管しようとしても、そのための場所が実は確保されていない。・・・・・・

6.アベノミクスと公共事業と規制改革

円安・株高は進んだが・・・・・・

〔PHOTO〕gettyimages

 金融緩和、財政出動、成長戦略の「三本の矢」からなるという触れ込みのアベノミクス。

 経済理論的に言えば、日銀が大幅な金融緩和を進めれば、円安、株高につながり、輸出・消費・設備投資が増加する。これが続けば、少し遅れて雇用増加と賃金上昇が伴う本格的な景気回復に至る。

 経済は期待で動く。とりわけ、為替や株価などの市場ではその傾向が顕著だ。アベノミクスの第一の矢は金融緩和だが、これに関する安倍総理の姿勢はやや度を越していると批判されるくらい明確だ。選挙では輪転機でお札を刷ってばら撒くというくらいの過激な緩和論を主張して、市場の期待を極限まで高めた。市場では、その期待を反映して、大幅な円安・株高が進んだ。第一の矢は、いまのところ思惑通りの効果を発揮したといってよいだろう。・・・・・・(略)

 こうした状況の中で、今、国土強靭化計画の名のもとに全国で公共事業予算の大盤振る舞いが行われようとしている。その結果は誰にも容易に想像がつく。人手不足と建設コスト増加を助長し、東北の復興を一層困難にしてしまうのだ。

 とりわけ、前に紹介した自治体の除染対策担当課長さんの心配は深刻だ。除染をやる人がいなくなってしまう可能性がある。

またか! 官僚の悪乗りも横行している

 本来は、復興最優先という方針を立て、その期間中は、他の地域での公共事業は抑えて被災地を助けるというのが正しいやり方だ。緊急時ほど「選択と集中」が必要なのにそれができない。・・・・・・

この続きは「古賀茂明「改革はするが戦争はしない」フォーラム4」でお読みいただけます。
なお、こちらのメルマガはお申込み月は無料でお試し読みができます。

>「古賀茂明「改革はするが戦争はしない」フォーラム4」を購入する
メルマガ表紙
古賀茂明「改革はするが戦争はしない」フォーラム4

月額:432円(税込)
テキスト版:毎月第1・2金曜配信
動 画 版 :毎月第4金曜日配信
(旧タイトル:古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン)
「古賀茂明「改革はするが戦争はしない」フォーラム4」を購読する

古賀茂明「日本再生に挑む」最新の記事
古賀 茂明の書籍紹介