選挙
ロケットスタートから長期政権の軌道に乗れるか?!第2次安倍政権が教訓とする「失敗学」
〔PHOTO〕gettyimages

 首相・安倍晋三と1月10日夜、食事を取りながら2時間、じっくりと話した。こういう席で聞いた内容をすぐに話したり書いたりするのは、取材対象との信頼関係を壊すことになるので触れない。会食した印象だけを記すなら、気力、体力とも非常に充実していること、政権運営についてかなり幅広く考え、熟慮の末に実行に移していることを強く感じた。

 この時の話とはかかわりなく、首相に返り咲いた安倍の政治手法を解明したい。

第1次内閣の反省を踏まえた人事

 第2次安倍内閣の特徴は第1次内閣の失敗をしっかりと総括し、過ちを繰り返さないように細心の注意を払っていることだ。

 失敗とは何か。まず、気心の知れた仲間を重用しないことだ。「お友達内閣」と揶揄(やゆ)されたことを深く反省している。昨年12月26日、安倍は新内閣発足直後の記者会見でこうわびた。

「6年前、私は、まだ52歳になったばかりで今よりも若く、そして、理想に燃えておりましたが、肩に力が入り過ぎていたのも事実であります。私と考えを同じくする、同じ方向を見つめている、志を同じくする人々を集めようということで、力が入り過ぎた結果、そういう批判を受けたことは事実であります」

 政権の陣容を見ると確かに、お友達内閣のシンボルだった元官房長官・塩崎恭久を4人いる政調会長代理の一人にとどめた。気心が知れた、という点でははるかに塩崎の上を行く副総理兼財務相の麻生太郎、官房長官・菅義偉は要職に起用した。にもかかわらず、麻生、菅がお友達と呼ばれないのは安倍に対して直言しているからだ。

 組閣当日になって入閣が報道された総務相・新藤義孝、行政改革担当相・稲田朋美は安倍が言うところの「私と考えを同じくする、志を同じくする人々」に当たる。2人は2011年8月、韓国のウルルン島に入ろうとして韓国から拒否されたこともある。

 それでも、「お友達」と書かれなかったのは、安倍が最初に決めた人事が幹事長・石破茂の続投だったからだ。自民党総裁選で争ったライバルを起用したため、人事全般がお友達重用とみなされなくなった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら