[サッカー]
田崎健太「里内猛が描く日本の未来図Vol.3」

~ジーコ、オシム、関塚を支えたフィジコ~

半信半疑だったジーコの加入

ジーコとオスカーがいた82年W杯メンバーの寄せ書き。オスカーが経営するホテル『オスカー・イン』に飾られいる

「おいお前、ジーコって知っているか?」
 里内は住友金属サッカー部のマネージャーだった平野勝哉から声を掛けられた。
「知っているも何も……」
 里内が口ごもったのも無理はない。ジーコが来日する前年の1990年、南米選抜対欧州選抜のチャリティーマッチが国立競技場で行われた。里内は住友金属にいたブラジル人のミルトン・クルスと一緒に見に行き、試合後にロッカールームへ入ることが出来た。試合に出場していた元ブラジル代表のソクラテスと記念撮影していると、目の前をジーコが横切った。「おっ、ジーコだ」。里内は心の中で呟いた。ジーコこと、アルトゥール・アントゥネス・コインブラは彼にとって憧れの選手だった。

「なんでジーコって呼ばれているんだ? 本名はあるのにどうしてあだ名なんだ?」
「そんなん知りませんよ。何でですか?」
「社長に説明しないといけないんだよ」
 平野は住友金属の社長に会ってジーコ獲得の了承をもらうことになっているという。しかし、里内は自分のいるクラブにジーコが本当に来るとは思えなかった。

 それからしばらくして、ジーコが住友金属に加入することが発表された。新聞に掲載されてもまだ、あのジーコが本当にこの田舎町に来るのか――、里内は半信半疑だった。
 ジーコが日本に到着したのは、91年5月20日のことだった。彼は成田空港から鹿島へタクシーで移動し、駅前のホテルで待機していた。車を持っていた里内は平野から「ジーコを案内してくれ」と頼まれた。そこで同僚の野見山篤と日本語を話せるジョナスというブラジル人を連れてホテルに向かうことになった。ホテルにいたのは本物のジーコだった。