Digital Experience! TOP>現代ビジネス>市川裕康「デジタル・キュレーション」
市川裕康「デジタル・キュレーション」
2013年01月11日(金) 市川 裕康

職業としてのコミュニティマネージャー 毎年1月第4月曜日は「感謝の日」

2011年の「コミュニティマネージャー感謝の日」に作成されたインフォグラフィック
by GetSatisfaction

 2013年も始まり、ウェブ上には、2013年のトレンド予測などの記事がたくさんまとめられています。過去数年を振り返ると、ツイッターの登場、フェイスブックの盛り上がり、そして無料通話アプリ「ライン」の登場など、プライベートでもビジネスでも、日常の様子が大きく変化しつつあることを実感できます。

 さて、2013年の始めにぜひ取り上げたいテーマは「コミュニティマネージャー」です。約1年前に『オンラインの同窓会、コミュニティ運営に欠かせない、コミュニティマネージャーという存在』というタイトルで当時の状況をレポートしましたが、そこから1年が経過し、ますます重要性が高まっていることを感じるからです。

 コミュニティマネージャーとは、企業やブランド、非営利団体、趣味や地域での有志のグループなど、共通の興味を持つ仲間が集まる際、オンラインのコミュニティを効果的に企画、管理、運営するような人材のことを広く総称します。近年、特に注目を浴びている職種です。

 1年前の記事で、「コミュニティマネージャーに求められる4つの資質」として、米ソーシャルメディア調査会社アルティメーター・グループ(Altimeter Group)アナリストのジェレマイア・オウヤン(Jeremiah Owyang)氏が2007年にまとめた「4つの資質」を紹介しました。

【1】「A Community Advocate(コミュニティの推奨者=消費者の代表者であること)」
【2】 Brand Evangelist(ブランド・エバンジェリスト=商品のプロモーターであること)
【3】「Savvy Communication Skills, Shapes Editorial(優れたコミュニケーター&編集者として、適切なコミュニケーションがとれること)」
【4】「Gathers Community Input for Future Product and Services(将来のサービス、製品開発等に役立つ情報をコミュニティから集められること)」


 約1年を経てこれらの4つの特徴を見ると、思うことが2点あります。

多様化、専門性が高まるオンラインコミュニティ・マネジメントの仕事

 上記のリストにあるタスクの一覧を見ると、それら一つ一つの重要性が、この1年で大幅に増幅したと感じます。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking