[BCリーグ]
福井・酒井忠晴監督「チームの成長を感じた地区チャンピオンシップ」

 明けましておめでとうございます。今年もBCリーグおよび福井ミラクルエレファンツへのご声援、よろしくお願い申し上げます。さて、監督1年目の昨季は、他球団はもちろん、エレファンツにおいてもどんな選手がいて、どんな野球をするのかを把握するところから始まりました。自分自身が監督として初めてのシーズンだったということもあり、どうすれば勝てるのか、模索の1年でした。その中で、後期に優勝、そしてプレーオフでは石川ミリオンスターズとのチャンピオンシップを制し、北陸地区で優勝することができました。

 とはいえ、相手のデータをとり、戦略をたてるというようなことはほとんどできませんでした。相手がどうのという前に、自分のチームがどう戦っていくのか、正直そのことでいっぱいだったのです。そんな中、チームづくりで最も感じたのは、監督としての思いを選手に伝えることの難しさです。

 今年のチームスローガンは「think~思考~」でした。選手たちに自分は何のためにここにいるのか、自分の目指すべきものは何なのか、そのためには何をすべきなのかを考えてほしいと思ったからです。野球というスポーツはケース、ケースで常に細かく状況が動いています。その中で試合に出場する、しないにかかわらず、自分の置かれている立場において、今、何ができるのか、そのことを考えてほしかったのです。

 ところが、はじめはこの「考える」ことについて、誤解をしている選手が少なくありませんでした。「考える」=「正解を出す」と考えたのでしょう。一生懸命に正しい答えを出そうと悩んでいる姿が多く見受けられました。私が何か質問をしても、正解を言わなければいけないと思うあまり何も答えられなかったのです。

 しかし、後期に入ると、「考える」ということがどういうことかを理解できる選手が増えてきました。そのため、シーズン終盤にはチームとして戦えるようになっていました。その典型だったのが、石川との地区チャンピオンシップでした。この時の3試合は、チーム全員が同じ方向を向いていたように感じられました。シーズン中は「これでいいのだろうか」と監督の私の顔色を見て、不安そうにプレーしているところがありましたが、プレーオフでの石川戦は全く違っていたのです。言ってみれば、監督の私のことなどお構いなし。選手たちが率先してプレーしていました。チームの一体感を感じ、私自身、その3試合は非常に楽しかったですし、感動もしました。