高齢化の先にあるのは決して暗い未来ではない!「上杉鷹山の藩政改革」と同じ発想で、新しい働き手を取り入れれば乗り切ることが可能だ!

 年明けから日本の高齢化を危惧する論がメディアを賑わしている。高齢化が世界最高のペースで進行する日本と危機感を煽るのだが、高齢化は暗いことばかりだろうか?


 多くの識者は高齢化を否定的にとらえる。まず人口減少と高齢化が潜在成長率を下げ、経済が停滞するとみる人が多い。はたしてそうだろうか?私はこの見方はステレオタイプで古いと思う。高齢化社会を活力あるものに変えられると思う。

 一国の人口構成で、子供と老人が少なく、生産年齢人口が多い状態、つまり豊富な労働力で高度の経済成長が可能な状態を人口ボーナスという。ボーナスというのは、そういう社会は働き手が増え、活力ある社会となるとの見方だ。

 一方、高齢人口が急増、生産年齢人口が減少し、少子化で生産年齢人口の補充はできず、財政、経済成長の重荷となった状態のことを人口オーナスという。働き手が減り、老人が増えて、社会の活力はなくなるというのだ。

 日本は超高齢化社会(国連の定義で高齢者の比率が人口の14%を超えた状態)にあり、それが進行中だ。つまり、定義的には人口オーナスの状態にある。しかし、この「人口ボーナス」「人口オーナス」の議論は単純すぎる。

 まず人口ボーナスだが、若年人口が急増していることは常に幸運なことではない。その若者たちに雇用を提供できれば素晴らしいが、その若者たちに仕事を作れなかったら深刻な問題になる。

 歴史を見れば、社会の不安定は常に若者の失業から起こっている。近年でいえば、チュニジアやエジプトから起こったアラブの春がいい例だ。テクノロジーの進化とその価格低下が新興国でも若者の雇用を奪いだした。今の新興国は過去の途上国と違い、”テクノロジーを持った三丁目の夕日”の世界だ。ロボットとICTが単純労働を奪っていくことは十分考えられる。

 一方で高齢化は人口オーナスで潜在成長率が下がり、負担は増え、暗いことばかりなのだろうか?このまま高齢者を労働力として期待しなければそうだが、われわれが英知と勇気を結集させれば、高齢化社会を明るく活力ある時代に変えられると思う。

高齢化社会は祝うべきもの!

その前にまず「高齢化社会」は我々の努力の結果だと言うことを認識すべきだ。様々の問題も起こるが、人類は古代からの願いであった、不老不死とまではまだいかないものの、かなりの長寿を獲得したのだ。中でも日本は寿命を世界トップクラスの長さに伸ばすことに成功した。これは素晴らしいことだ。この祝うべきことがあって高齢化社会に至っている。

その前提に立って繰り返すが、「人口オーナス」――高齢化すると成長力が落ちる――は絶対に避けられない運命論ではない。高齢になっても働き続けるのなら、その人は、実際は生産年齢人口に属するのだ。高齢者は若者に比して、資金も経験も人脈も持っている。フィットネスや医療等の進歩でコンディショニングが改善し、健康寿命も延び、若者におとらず、健康で体力ある高齢者も増えている。

そんな人が増えれば、その国の「人口ボーナス」は長期化できる。生産年齢人口が15~64歳、高齢人口が65歳以上というのは、国連の定義に過ぎない。

 かつて米沢藩の財政を立て直した上杉鷹山がやったことは武士を働かせたことだ。商人や農民に乗っかるばかりだった武士に養蚕等の仕事を与え稼がせたことで米沢藩は立ち直った。負担になると思われた人たちが稼ぎ手になれば財政は立ち直る。

 要は高齢化に見合った構造の社会を作ればいいのだ。高齢者がそんなにバリバリおカネを稼がなくても「オーナス(負担)」を「ボーナス(報酬)」に変えることができる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら