[MLB]
杉浦大介「イチロー残留もヤンキース危うし?」

おとなしかったオフの補強

ヤンキースタジアムに球音が戻ってくるまで、もうあと3カ月を切っている。

 12月19日にヤンキースと2年1300万ドル(約10億9000万ドル)で再契約し、イチローは今季もピンストライプのユニフォームを着て活躍することになった。昨季は移籍後、水を得た魚のようだったヒット・マシーンの活躍に興奮した日本のファンはもちろん楽しみだろうし、イチローと相思相愛と言ってよい関係を築いた地元ニューヨークのファンも喜んでいるはずである。

 ただ、このイチロー残留以外では、故障で出遅れるアレックス・ロドリゲスの代役としてケビン・ユーキリスをホワイトソックスから獲得したのが目立つ程度。トータルで見て、今オフのヤンキースは実におとなしかった。

 黒田博樹、アンディ・ペティート、マリアーノ・リベラ、ユーキリスにすべて1年契約で総額5200万ドル(約45億7000万円)をつぎ込んだものの、他に目立った補強策はなし。背後には、ラグジュアリータックスの高騰を避けるべく、2014年までにペイロールを1億8900万ドル(約166億3000万円)以下にしたいチーム事情があったと言われる。

ジーター、リベラ、ペティート、ホルヘ・ポサダという“コア4”の時代もいよいよ、もう本当にあとわずかか(ポサダはすでに引退)。

 結果として、捕手は人材不足で、内野は高齢化し、外野はパワー不足。ざっとロースターを一瞥しただけで、数々の疑問点が頭に浮かんでくる。
・過去2年に渡って正捕手を務めて来たラッセル・マーティンがパイレーツへ去り、大事な扇の要は実績不足のフランシスコ・サーベリ、クリス・スチュワート、オースティン・ローマインでやりくりできるのか?
・外野陣からは過去4年で105本塁打を放ったニック・スウィッシャーがいなくなり(インディアンスへ移籍)、イチロー、ブレッド・ガードナー、マット・ダイアズらを登用してこれまで通りの得点力を維持できるのか?
・昨季に42セーブを挙げたラファエル・ソリアーノの移籍も濃厚な中で、膝の靭帯断裂から復帰する43歳のリベラは完全復活できるのか?
・足首の故障明けのジーター(39歳)、臀部手術で球宴前後あたりまで出場できそうもないA・ロッド(37歳)、近年は成績ジリ貧のマーク・テシェイラ(32歳)、もはや全盛期の力はないユーキリス(33歳)といった高齢内野陣は、シーズンを通じて満足な働きをしてくれるのか?