[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「横一線の競争でV奪回!」

将来性も見込んだ選手獲得

 新年明けましておめでとうございます。11月から12月にかけて行われた合同トライアウトを経て徳島では4選手を獲得しました。今回は即戦力はもちろん、チームの将来を考えた補強になっています。このオフ、チームでは多くの主力選手が残留しました。それは裏を返せば、今季が各選手にとって勝負をかける1年になることを意味します。

 独立リーグは最終目的地ではありませんから、選手の入れ替わりが多いのはやむを得ないことでしょう。しかし、チームは今年も来年も、その先もずっと続いていきます。数年後にチームの中心となり、NPBを目指す可能性のある選手を探すことは非常に大切です。

 今回、入団が決まった4選手のうち、投手の福岡一成(鳥取・日野高-島根大)、宍戸勇希(遊学館高)、外野手の高橋祥(専大北上高-オール江刺)は将来性に期待して獲得しています。

 福岡はボールのスピードはもちろん、トライアウトの態度が非常に印象に残りました。どの選手も合格したいと意気込んで参加する中、とりわけ負けん気の強さが光ったのです。「これは伸びるかもしれない」。直感的にそう感じました。もちろんNPBレベルに達するにはまだまだ勉強すべきところがたくさんあるでしょう。ただ、この気持ちを持ち続ければ化ける可能性があるとみています。

 サウスポーの宍戸は、何と言っても左投げというところが大きな武器です。NPBでも左はワンポイントでも活躍の場があります。フォームはまとまっていますから、1年間投げきる体力をつけ、経験をつめば、スカウトから注目される存在になるでしょう。

トライアウトでは広角に鋭い打球を飛ばしていた高橋。

 野手の高橋は長内孝コーチからの推薦です。まだ19歳ですが、体つきがあり、パワーがある。そして右打ちというところも獲得の決め手となりました。先述したようにサウスポーがNPBでも求められている人材であるのと同様に、右バッターの長距離砲も近年は需要が高まっています。チームの中でも外野は手薄になっていますから、他の選手との競争次第では1年目から起用は増えるかもしれません。