栗城史多(登山家)「凍傷で指9本切断。だからエベレストを目指す」
雪焼けした顔の真ん中には、凍傷で赤黒くなった鼻。それでも来春のエベレスト挑戦のことしか、頭にない

「すみません!指の包帯は、医者から止められていて外せないんですよね」

 今年10月、単独・無酸素のエベレスト(8848m)登頂の夢破れ、9本の指に凍傷を負った栗城史多(30)。'09年、世界第7位の高峰ダウラギリ(8167m・ヒマラヤ)の登頂シーンをインターネットで生中継し、脚光を浴びた登山家だ。身長162cm、体重60kgの小柄な身体は、登山家の壮健なイメージとは程遠い。代官山のオフィスに栗城を訪ねると右手の親指以外、包帯がグルグル巻きだった。

「指の感覚はありません。炭化して鉛筆の芯みたいにドス黒くなっています。今はお湯に浸けたり軟膏を塗ったりしていますが、ほとんどの指を第2関節から切り落とすことになりそう。でも、何とかならないかと思って試行錯誤しています。アメリカでは『豚の粉を掛けると指が再生する』という情報もある。是非試してみたいですね(笑)」

 '09年から毎年アタックし、4度目の挑戦となった今回の登頂は、8000m付近で撤退を決めた。ジェットストリームと呼ばれる〝風の塊〟に襲われ、命の危険を感じたからだ。巨大台風に匹敵する風速40mの気流は、登山家に呼吸さえ許さない。「運が悪かった?」と問うと首を振って言った。

「僕が毎回この時期にエベレストを登るのは、気象条件の厳しい秋に無酸素で単独登頂した登山家がいないからです。ジェットストリームが出る可能性も織り込み済みでした。最悪の環境に身を置くからこそ、生身のエベレストを体感できる。皆にはいつも『あいつはバカだ』とか『無謀過ぎる』とか散々言われるけれど、その言葉で発奮している面もあります」