佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」――日本の経済力が衰退傾向にあっても、客観的な国力は強い(質疑応答より)
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.004より
【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.004 目次】
―第1部― インテリジェンス・レポート
 ■分析メモ(No.7)「パレスチナ問題をめぐる日米同盟の亀裂」
 ■分析メモ(No.8)「中国機による尖閣諸島領空侵犯」
―第2部― 読書ノート
 ■藤本健二『引き裂かれた約束 全告白・大将同志への伝言』
 ■猪瀬直樹『解決する力』
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 佐藤優さんの今後の予定

読書ノート(No.7)

◆藤本健二 『引き裂かれた約束 全告白・大将同志への伝言』 講談社 2012年

 金正恩体制下の北朝鮮のインテリジェンス活動を知るための好著である。

 2012年6月16日、東京に北朝鮮からの連絡係が突然、藤本氏の前に現れ、平壌への招待を告げる。この招待が、金正恩のイニシアティブによることを知り、藤本氏は、7月21日から8月4日まで北朝鮮を訪問し、金正恩夫妻、また藤本氏が平壌に残した妻子と再会する。

 藤本訪朝に日本政府も関心を持し、松原仁拉致問題担当相が藤本氏と接触する。結局、藤本氏が期待した野田佳彦首相の親書を松原氏は準備できなかった。9月初旬、藤本氏は北京経由で北朝鮮再訪を試みるが、北朝鮮当局は藤本氏の入国を認めなかった。外形的にはそれだけの話であるが、細部には北朝鮮に関する重要な情報が詰め込まれている。本書の意味は、それを読み解く人の北朝鮮に関する知識と洞察力で大きく変化する。北朝鮮専門家やインテリジェンス機関にとって、本書はまさに「宝の山」だ。・・・・・・(略)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら