[MLB]
佐野慈紀「藤川よ、スタートダッシュでチャンスをつかめ!」

 ドラフト会議前にはメジャーリーグ行きを表明していた大谷翔平選手の北海道日本ハム入りが正式に決定しましたね。栗山英樹監督は投手と野手との“二刀流”を考えているようですが、いずれにせよ、将来は日本を代表とする選手になり得る逸材であることには変わりありませんから、今後が楽しみです。さて、そんな中、ストーブリーグまっただ中のメジャーリーグからは次々と日本人選手の契約合意の朗報が届けられています。その中で6年越しの夢を叶えたのが、藤川球児投手です。日本を代表するクローザーですから、メジャーでどんなピッチングを見せてくれるのか、注目選手の一人です。

 藤川投手はこれまで何度も阪神球団にポスティングシステムでのメジャー移籍を希望してきました。しかし、チーム事情もあって、なかなか実現することができませんでした。今年4月に海外FA権を取得したことで、ようやく念願が叶ったのです。その藤川投手が数あるオファーの中から選んだのは、シカゴ・カブスです。1871年創設の古豪球団で、本拠地のリグリー・フィールドはメジャーで2番目に古い球場です。非常に人気のある球団ではありますが、2009年以降はプレーオフに進出することができていません。今シーズンも61勝101敗と大きく負け越し、ナショナルリーグ中地区の5位に終わりました。

 今オフの最大の補強課題として挙げられているのが、リリーフです。今シーズンのリリーフ投手陣のチーム成績を見ると、防御率4.49はリーグ16チーム中13位、28セーブはメジャー最少、56被本塁打はリーグで2番目に多く、四球はメジャー最多の259個。これでは優勝どころの話ではありませんね。そこで目をつけたのが、日本球界で実績を積み上げてきた藤川投手でした。

 現在、カブスのクローザーは通算115セーブを誇るカルロス・マーモルです。今シーズンは28セーブ中20セーブを挙げましたが、55回1/3を投げて、四球が45と制球難に苦しみました。シーズン途中にはマイナーに降格、オフにはトレードの話が浮上していたのです。球団が絶対的な信頼を置いていないことは明らかですね。

 1年目はセットアッパーでの起用が濃厚と言われている藤川投手ですが、私はクローザーとしてのチャンスもあるのではないかと踏んでいます。クローザーというポジションが誰にも確定していないだけに、球団は何人かのピッチャーにチャンスを与えることでしょう。だからこそ、藤川投手はスタートダッシュをかけることが重要です。最初にいいイメージを与えることで、チャンスは増えてくるはず。逆にモタモタしていれば、他のピッチャーがモノにしてしまいます。