[陸上]
白戸太朗「一生懸命遊べ!」

お台場を走る!

 冷たい冬の雨が降る12月15日、お台場の潮風公園が活気に満ち溢れていた。子供から人生のベテランまで、多くの人が様々なウエアーで走り、応援をしている。この日は「お台場EKIDENフェスティバル」が開催され、参加者たちが雨にも負けず走っていたのだ。その中には見覚えのある顔もちらほら見受けられ、それがまた皆を鼓舞することになった。

 実はこのイベント、「東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会」が主催し開催されたもので、様々なオリンピック種目のアスリートが参加していたのだ。招致の国内支持率をあげたい委員会が、ムーブメントを盛り上げるべく開催しているというわけだ。

 オリンピック・パラリンピック招致に関しては賛否両論ある。反対派の意見の主流は費用問題で、「そこまでしてこのタイミングで、東京でやる意味があるのか」という懐疑的な見方だ。賛成派はその効果を費用以上のものがあるという計算をし、日本の活性化、景気の浮揚には不可欠という。費用対効果は単純に換算できないものだけに、ジャッジメントは容易ではない。また、アテネオリンピック後にギリシャ経済が傾いたことも事実で、そのハンドリングは慎重に丁寧に行うことが不可欠であろう。

皆で楽しむ駅伝

親子ランのスタート

 その議論はさておき、お台場でのEKIDENである。小雨というコンディションながらキッズランや親子レースで子供たちの生き生きとした表情が印象的だった。特に親子レースでは親が先走っているパターンや、逆に親がついていけないペアもいる。きっと普段からのコミュニケーションが、こういうときには出るのだろう。真剣にやっている本人たちには失礼かもしれないが、見ている方は楽しませてもらった。

参加者をサポートする高橋尚子さん

 さらにそれを盛り上げたのはゲストランナーの高橋尚子さん。存在感十分の彼女は、時に参加者の緊張を解きほぐし、時に疲れた参加者を励まし、元気づけと大活躍。ランニングのエヴァンジェリスト(伝道者)として、これほどの適役もいないだろう。

 その後は、大人の駅伝が開催。見るからに速そうな人や、まったくスポーツの“におい”がしない人、派手な仮装をしている人まで様々。本来、個人スポーツであるランニングだが、「駅伝」という種目になった途端にチームスポーツになる。さらにチームスポーツになれば、皆で楽しむ「お祭り」にもなりやすい。そんなわけで日本では「駅伝を楽しむ」という素晴らしい慣習ができつつある。

 そこに今回の豪華なゲストたち。有森裕子さん、瀬古利彦さんというマラソン界を始め、バレーボール、ビーチバレーボール界からは吉原知子さんや、朝日健太郎さん、浦田聖子さん、バドミントンの潮田玲子さん、体操の米田功さん、自転車競技の竹谷賢二さん、トライアスロンロンドンオリンピックナショナルチームなど、ここには書ききれない他種目スポーツのオリンピアンが勢ぞろい。この人たちが舞台の上で手を振るだけでなく、一緒に走るのだから参加者のテンションが上がらないはずがない。