雑誌
なぜ奇跡は起きたのか医師と患者が明かす〜末期がん(ステージ4)でも病気に勝った人々

 ステージⅣのがんの場合、5年生存率が10%を切ることも多い---つまり90%以上が死に至る。だが、「末期がん=死」ではない。そこから生還した人々には、奇跡を起こした理由があった。

手術をせずに助かった

 進行舌がんを経験した道中俊弘さん(66歳・大阪府在住)が口の中に違和感を覚えたのは'08年の夏のこと。「舌の左奥にチクチクする痛みを感じた」という。口内炎だろうと放っていたが、そのうち食事を飲み込むのもつらくなり、夜も痛みで目が覚めてしまうようになった。検査を受けると、すでに頸部のリンパ節にも転移があり、病期はステージⅣa。がんのステージは4段階あり、Ⅳはもっとも進んだ状態だ(※)。

「どこの病院でも舌の3分の2を切らなあかんと。顎の骨もリンパ節も取る必要があると言われました。切った後は、食べられない、話せない、よだれが出っぱなしで、うまく飲み込めないからしょっちゅう誤嚥性肺炎を起こすことになると。肺炎だって一歩間違えば命取りになるし、舌を切っても再発もあり得ると聞いた。そこまでして生きていても・・・・・・と思い、手術は絶対にしないと決めたんです」

 妻の浩子さんもそんな夫の気持ちに理解を示した。

「壮絶な闘病の現実を知り、プライドの高い主人の性格ではとても乗り越えられん、この人はその前に自殺するんじゃないかと心配になりました。それならば治療をせず、スーッと逝きたいんやろうなと思ったんです」

 そんなとき、夫妻に一筋の光が射した。サードオピニオンを受けた先で「陽子線で切らずに治す治療をする医師がいる」と聞いたのだ。それが進行舌がんや食道がんの治療のパイオニアである南東北がん陽子線治療センター(福島県郡山市)の不破信和医師(現・兵庫県立粒子線医療センター院長)だった。

 がんの痛みで話すのが困難だった夫に代わり、浩子さんが翌朝電話をかけた。

「泣きながら『先生、こんな状態なんですけど助かるでしょうか』と言うたら、全部話を聞いて『僕は舌だけでなく、命も守りたい』と言ってくださったんです。そのひと言で心を決めて主人と郡山へ向かいました」

 不破医師が行っているのは、抗がん剤と放射線、陽子線という強力な放射線を組み合わせた独自の治療法だ。大きな特徴は、こめかみの動脈からカテーテルを挿入して抗がん剤を舌だけに流し、同時に静脈から副作用を抑える中和剤も注入する「動注治療」。これにより吐き気などが抑えられ、腎臓機能が悪く治療を諦めていた人や高齢者でも治療が可能になる。

 陽子線は通常の放射線より威力があり、ピンポイントで照射できるのが長所。治療は、点滴の抗がん剤↑通常の放射線↑動注と陽子線の順に行う。現在、進行舌がんに対してこの方法を行うところは、日本でここ以外にない。

※ステージは進行の度合いによりaとbに分かれる