[アイランドリーグ]
鍵山誠CEO「共同オーナーになって、第2の角中を!」

うれしい角中、マエストリの成功

来季の年俸は4200万円にアップ。アイランドリーグ時代は月給12~13万円だった。

 今季のアイランドリーグで一番のビッグニュースは、なんと言っても高知出身の角中勝也(千葉ロッテ)がパ・リーグの首位打者、ベストナインに輝いたことでしょう。そればかりではなく、来春に行われるWBCの日本代表候補にも選ばれました。このリーグからNPBのタイトルホルダーや代表選手が現われるのは何年先になるかと思っていただけに、リーグ創設から10年足らずで夢を叶えてくれた角中の頑張りは、本当にうれしいの一言です。

 こんな喜びを味わえるのも、曲がりなりにも8年間、リーグを継続して運営してきたからこそ。今季も含め、リーグからは35名のドラフト指名選手が生まれました。中には残念ながらNPBでは花開かなかった選手もいますが、毎年、人材を供給し続けてきた結果として、角中のような存在が出てきたのだと感じています。

 彼のおかげで今後、第2、第3の角中を目指そうと、独立リーグでのプレーを選択肢に入れる若者も出てくるはずです。日本に独立リーグが定着し、さらに発展する上でも、彼の快挙は大きな意義があったと思います。

 今季のアイランドリーグでは、米国の独立リーグから外国人選手を各球団で2名ずつ雇い、NPBへアピールする機会を設ける試みを始めました。その中から香川のアレッサンドロ・マエストリがシーズン途中でオリックスに移籍し、8月からの2カ月で4勝をあげました。これは100点満点とも言える成果です。マエストリ効果は絶大で現状、さまざまなエージェントから「アイランドリーグでプレーさせたい」との選手の売り込みをもらっています。

 このような状況であれば、今季のようにリーグが窓口になって選手を割り振らずとも、各球団が戦力に応じて外国人を補強する方法が十分可能です。外国人の場合、いくら実力はあっても環境になじめず、帰国してしまうケースも少なくありません。

 実際、高知に来た選手は長打力はズバ抜けていましたものの、2カ月足らずで帰国してしまいました。すぐに代わりを呼べれば良かったのですが、今季は提携していたエージェントが1社だったため、簡単には選手が見つからず、高知が苦戦を強いられる結果になってしまいました。

 ですから、来季はリーグに来ているエージェントからの情報をすべて各球団に渡し、それぞれに交渉して獲得する方法を採用しようと思っています。月3000ドル程度でいい選手を雇えますから、1ドル80円台の今なら他の日本人に少し金額をプラスする程度。球団経営を圧迫しない範囲で、うまく外国人を採用できる環境になっています。来季以降も、ぜひマエストリのようにアイランドリーグを経由してNPBで活躍する助っ人を輩出し、世界にもリーグの存在をアピールしたいものです。