[サッカー]
田崎健太「里内猛が描く日本の未来図Vol.2」

~ジーコ、オシム、関塚を支えたフィジコ~
25歳、現役時代の里内

 人生とは自分が強く望んで前へ進むというよりも、背中を押されて歩き出すことが多いものだ。里内猛の人生は、千葉県の検見川で行われたJSL(日本サッカーリーグ)主催の指導者講習にたまたま参加したことで大きく変わることになった。指導者講習を担当していたのは、ドイツ人のデットマール・クラマーだった。

クラマーに憧れて

 クラマーは1925年4月、西ドイツのドルトムントで生まれている。49年からドイツ協会西部地区主任コーチを務め、64年にドイツ協会ナショナル・コーチ、67年から74年まで国際サッカー連盟(FIFA)コーチを務めている。その間、日本代表を60年から4年間指導した。64年東京五輪のベスト8、68年メキシコ五輪の銅メダル獲得はクラマーの功績でもある。

 身振り手振りで熱弁する、はげ上がった頭の小柄な白人に里内は圧倒された。
――タイムアップの笛は次の試合のキックオフの笛である。
――意志のあるところに必ず道は開ける。
――いい結果を得ようとすれば、いい準備が必要になる。
――見ること自体は目である。しかし、それを判断したり、感じたりするのは精神である。
 ありふれた言葉も、彼の詩人のような語り口に乗ると輝いているかのように聞こえた。

 クラマーは具体的な練習内容を教え、長期的な計画の必要性を説いた。里内は27歳からコーチとなっていたが、指導者としての覚悟がないことを痛感した。自分は腰掛けのコーチに過ぎなかったのだ。1週間ほどの研修中、里内は必死でメモをとった。

 研修後もクラマーとの縁は続いた。
 88年にもクラマーは再び来日している。これはFIFA主催のユースアカデミーだった。全国から育成年代の指導者が二十数人集められた。このアカデミーは、芝生のピッチ、宿泊施設がある住友金属のグラウンドで行なわれた。里内は直前に参加者に欠員が出たため、急遽、参加することになったのだ。

 クラマーは里内のことを覚えていた。今度は前回よりも時間に余裕があり、里内は自分が抱えている疑問をクラマーにぶつけた。日本では苦しい練習に耐えることで、根性がつき、上手くなると考えられていた。“精神論”は時に必要である。ただ、サッカーには自由な発想が必要だろう、と――。クラマーは、里内の意見を正しいと認めてくれた。

 里内はこれからもサッカーと関わりたいと漠然と考えていた。しかし、きちんとした将来像は描けていなかった。里内は住友金属の子会社である鹿島運輸の社員だった。今後、住友金属蹴球団は住友金属の正社員を中心に運営して行くことになるだろう。そうなった時、自分の立場はどうなるのか。クラマーの姿を見て、里内は彼のような指導者になりたいと思った。ただ、どのように行動すればいいのか分からなかった。