常勝・日ハムを作った男高田繁インタビュー
強い組織をつくるのは難しいそれを維持するのはもっと難しい

週刊現代 プロフィール

 使えると思うものは即座に取り入れる高田氏だが、もちろん、BOSにおんぶに抱っこだったわけではない。システムを介して上がってくる提案には必ず、自分の意見や経験、スカウトからの情報を加味して判断した。

「そのうえで大学野球をはじめ、アマチュア野球の試合会場に足を運び、自分の目で見て確かめ、評価するようにしています。これは巨人で二軍監督をやっていた時に痛感したのですが、ファームから選手を育成していくことで、長期的視野でチームづくりを考えられるようになる。同じ環境で経験を積んでいくうちに、選手間にはチームワークが生まれます。自前で選手を育てることにはメリットがたくさんあるのです」

選手のここを見ている

 数多くの選手を育てた高田氏だが、特筆すべきはダルビッシュ有だろう。スポーツライター・臼北信行氏が秘話を明かす。

「'05年序盤、ダルの一軍昇格をめぐって高田GMとトレイ・ヒルマン監督が激しく口論したことがありました。『ダルビッシュは他の投手とボールの質が違う。一軍のトップレベルの中で緊張感を持って投げさせたほうがいい』と早期昇格を提言する高田GMに対し、ヒルマン監督は『ファームで結果が出ていない。二軍監督が推薦してこない選手を一軍に上げるのは時期尚早』と反対。確かにダルは二軍戦で5試合に投げて1勝1敗、防御率4・15という成績。安定感に欠けていました。しかし、高田GMは『打ち込まれるのは相手に合わせたピッチングをしてしまうから。ファームでのダルの投球を見ていると、手を抜くようなところがあった。下に置いていても二軍ズレするだけ』と譲らなかった」

 才能ある若者には能力に見合った舞台を与えることで一層の活躍を促す。もちろんその若手が失敗すれば責任を問われる。

「高田GMはダルが記者の顔も社名も即座に覚えること、防御率などの計算が人一倍速いこと、先輩相手に打者の特徴や攻め方を話し、周囲を驚かせていたことに感心していた。細かい情報を現場からしっかり吸い上げて、彼の資質を見抜いていたのです」(臼北氏)

 一軍に昇格したダルビッシュはこの年5勝。翌年から毎年、二ケタ勝利をマークしたのは周知のとおりだ。

 順調に育ったダルビッシュは'11年オフにポスティング制度を利用して、テキサス・レンジャーズに移籍。不世出の大エースだけに、囲い込みたくなるのが人情だが、高田氏の考えはまるで逆であった。

「手塩にかけて育てた選手がポスティング制度を利用してメジャーに移籍しても、全然構わないですよ。巨額の入札金が球団に入ることで、球団は潤うじゃないですか。むしろ、そんな事態を事前に予測して、穴を補う選手を獲得、あるいは育成するなど手を打っておく。それがGМの仕事ですよ」

 独立は大いに歓迎。また新たな才能を抜擢すればいいのだから---今季、14勝を挙げ、ダルビッシュの穴を埋めたのは、高田GM時代に獲得した本格派左腕・吉川光夫だった。

新メディア「現代新書」OPEN!