[BCリーグ]
新潟・清野友二前主将「アルビレックス、日本一への道のり」

初の日本一を決め、喜びを爆発させる選手たち

 上信越地区優勝、リーグ初優勝、そして独立リーグ日本一……2012年は新潟アルビレックスBCにとって、最高のシーズンとなりました。これも地域の皆さんの温かい声援があったからこそだと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。僕が入団したのは球団創設2年目の08年。この5年間で、チームは本当に成長したと思います。その基盤をつくっていただいたのが昨季の橋上秀樹元監督であり、それを基に伸び伸びと野球をやらせてくれたのが今季の高津臣吾前監督でした。

 08~10年と3年連続で、新潟は地区チャンピオンシップで群馬ダイヤモンドペガサスに敗れ、リーグチャンピオンシップに進出することができませんでした。しかもプレーオフでは群馬に1勝も挙げることができずにいたのです。どうしてこれほどまでに勝てなかったのか。それは自分たちで「考える」ことができていなかったからに他なりません。それを教えてくれたのが、橋上さんでした。

 例えば、一塁にランナーがいたとして、どうすればランナーを進めることができるのか。まずはフライをあげるのではなく、ボールを上から叩いてゴロを打つことが大事になってきます。そして次にどの方向に打てばいいのかというと、三遊間ではなく、一、二塁間です。なぜかといえば、サードやショートに捕球された場合は一塁ランナーが二塁フォースアウトになる確率が高くなりますが、セカンドが捕球した場合は二塁に送球するには一度、二塁の方に向き直らなければならず、逆の動きが必要になります。そうすると、送球するまでに時間を要するので、一塁ランナーがセーフになる確率は高くなります。さらに一、二塁間への打球が抜けてライト前ヒットとなれば、一、三塁とチャンスを広げることができるのです。

 とはいえ、橋上さんが監督に就任したばかりの頃は、なかなかそれを実行することができませんでした。橋上さんの言っていることは頭では理解し、その通りに打とうという気持ちはあるのですが、それをするだけの技術が伴っていなかったのです。そこで橋上さんには「自分が打てる球だけでいい」と言われました。例えば、一、二塁間を狙う場合、左打者ならインコースのボールを引っ張ればいいわけです。ですから、アウトコースのボールは無理に打たずに捨てて、インコースのボールを待ちます。もし、それで徹底的にアウトコースを狙われた場合は、三振しても致し方ない。それは割り切っていい、と言われたのです。このように、根拠をもったプレーであれば、三振したり、ヒットを打たれることはやむを得ないという指導でした。これはバッティングのみならず、ピッチングにしても、守りにしても、同じ。つまり、ひとつひとつのプレーに対して「考える」ことが重要だということを教わったのです。

 最初は半信半疑だった選手たちも、試合を重ねていくうちに状況に対して敏感になり、考え、そして判断することができるようになると、結果が出始め、そして手応えをつかんでいきました。こうして橋上さんの指導の下、「考える野球」がチームに浸透し、強さの基盤を築いたのが昨季だったのです。

 そして今季、基盤のできたチームをさらに伸ばしていただいたのが高津さんでした。高津さんは、とにかく選手たちを伸び伸びとプレーさせてくれました。ミスをしても、決して叱ることはありませんでした。なぜミスが起こったのか、どうすればよかったのかを、しっかりと話をし、わかるまで教えてくれたのです。丁寧に指導してくれる高津さんに対して選手たちも「監督の期待に応えたい」と奮起し、その結果が成績として表れたのだと思います。