これが日本のものづくりの底力だ
限界を超えて「うるさら7」を生んだダイキン工業 強さの秘密【前編】

取材・文/片瀬京子

 環境の激変と、中国や韓国のメーカーの成長という脅威の中、新たなプロジェクトはスタートした。画期的な新製品が誕生するまでに、メンバーたちは何に苦しんだのか。何が不可能を可能にしたのか。折れない心と最高の技術で夢を実現するまでの、作家・池井戸潤氏も絶賛する「ものづくり」感動物語。

トップシェアの座を奪還したい

 2012年11月。ダイキンは新ルームエアコン「うるさら7」を発売した。特徴は、高い省エネ性能と、室内の空気を循環して快適な空間を作り上げる"サーキュレーション気流"。同社の滋賀製作所が起死回生を懸けて世に送り出した、ふたつめの商品になる。

ルームエアコン事業の再起を懸けて発売した新製品「うるさら7」

 ダイキンが「うるるとさらら」というルームエアコンを発売したのは、1999年のことだった。その直前、ダイキンのルームエアコンの事業グループは、存続の危機にあった。業績が悪く、ルームエアコン事業から撤退するという話も持ち上がっていたのだ。

 それを食い止めたのが、ルームエアコンの開発・製造拠点である滋賀製作所が生み出した「うるるとさらら」だった。「うるる」は加湿、「さらら」は除湿を象徴する。加湿器のように水を補給しなくても大気中の水分を取り込んで加湿する「無給水加湿」と、除湿によって下がる空気の温度を温めて元の温度に戻すことで、室温は下げずに湿度だけを下げる「再熱除湿」が特徴だ。

 冷やしたり温めたりするだけではない、ほかに類を見ないこの製品によって、ダイキンは、2003年度にルームエアコンの国内シェアナンバーワンに上り詰める。ルームエアコン事業からの撤退は免れた。

 ところがその後、環境が急激に変化する。

 地球環境問題が重視されるようになり、環境負荷の小さなエアコンが求められるようになったのだ。猛暑により熱中症患者が増加したことで、エアコンの稼働時間は長くなり、その分、より一層の省エネ性能へのニーズが高まっていた。

 住環境も変わった。リビングがダイニングを取り込むようになったことで、リビングの面積が広くなり、その広いリビングのどこにいても、快適に過ごせることが求められるようになっていた。

 そういった中で、競合他社は、フィルターの掃除を自動化するなど、かゆいところに手を届かせる工夫を凝らしてくる。

 他社がシェアを伸ばし、ダイキンは2005年、ルームエアコンのシェアトップから陥落する。その後、シェアを維持していたものの、業界の2位に甘んじており、滋賀製作所の開発者たちはトップシェアを奪還したいという強い思いを抱いていた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら