[ボクシング]
杉浦大介「“スターウォーズ”、完全決着なるか」

パッキャオvs.マルケス第4戦、最終展望

新鮮味なくとも面白さは保証

ビッグネーム同士の対戦は今回も興行的には成功が約束されている。

 これが4度目となったマニー・パッキャオ対ファン・マヌエル・マルケスのライバル対決を映画「スターウォーズ」に例えている記者がいたが、言い得て妙かもしれない。馴染みのキャラクターたちの最新作だけに、ファンなら結局は誰もが見たいとは思う。しかし、新鮮味自体は乏しい。

 取材するメディアからも、「パッキャオ、マルケスについて、これ以上何を取り上げればよいのか」と嘆く声が聞こえてきていた。ファイトウィークにラスベガスを訪れても、かつてのパッキャオ戦のようなビッグファイト独特の高揚感が、もうひとつ感じられなかったのは気のせいではなかったのだろう。

 2009年にリッキー・ハットンを2ラウンドで葬り去って以降、パッキャオの相手はすべてトップランク社傘下の顔なじみ選手たち。特にマルケスとは昨年11月に3度目の対戦をこなしたばかりで、“何が起こるのか?”といったスリリングな期待感は、もはやそこにはない。

 もっとも、標準以上の品質、面白さは保証されるという意味でも、「パッキャオvs. マルケス」シリーズは「スターウォーズ」シリーズによく似ている。04年5月の初対戦以来、この2人は36ラウンドに渡って常にハイレベルな激戦を繰り広げて来た。結果はパッキャオの2勝1分だが、見方によってはマルケスの3連勝であってもおかしくはない。この8日に行なわれる第4戦でも、またしても息のつかせない接戦が展開されることになるだろう。

パッキャオにはモチベーションの低下がささやかれているが……。

 ただ、過去3戦と1つだけ違いがあるとすれば、試合前に“パッキャオ危うし”の見方がこれまで以上に増えていることである。代表的なところでは、「ESPN.com」の3人のライターが今週に入っての直前予想で揃って“マルケス勝利”を支持。ブックメーカーの賭け率こそ依然としてパッキャオ有利と出ているが、「今度こそマルケスが明白な形で勝つのではないか」と語る関係者は筆者の周囲にも少なくない。

 散々喧伝されているマルケスとの相性の悪さに加え、ここ数戦のパッキャオの動きはもうひとつ。破竹の勢いで快進撃を続けて来たフィリピンの英雄も、33歳を迎えてさすがに衰えは隠せず、6月のティモシー・ブラッドリー戦では“疑惑の判定”ながら7年ぶりの敗北を喫した。