Digital Experience! TOP>現代ビジネス>坂井直樹「デザインのたくらみ」
坂井直樹「デザインのたくらみ」
2012年12月07日(金) 坂井 直樹

メイカーズ・ムーブメントが日本にもやって来る!

SFC Open Research Forum 2012 会場の様子

 11月22、23日に開催された「慶應義塾大学SFC 第17回 SFC Open Research Forum 2012」。坂井直樹ゼミからも、プロダクトデザイナーでもプログラマーでもない学生たちが、自ら手を動かし作り上げた作品を出展した。

ASHIKAKUボード
拡大画像表示

 これは何より彼ら自身の努力と好奇心の賜物である。しかし同時に、いま世界を取り巻く時代の潮流も見逃せない。メイカーズ(モノを作る人々)・ムーブメントとも称されるもので、我々が自分のためにモノを製造し、作ったモノをほかの人たちも利用できる時代がすぐそこまで迫ってきている。

 かつては、消費者が普通に購入できる商品というのは、「大量生産に見合うこと」「大量流通に見合うこと」「消費者の目にとまること(広告、または最寄り店舗での販促を通して)」という三つの関門をくぐり抜けなければならなかった。

 しかし、工業機械の小型化・デジタル化とインターネットの普及が「工業の個人化(パーソナルファブリケーション)」を促進した結果、「欲しいものは自分たちでつくる」メイカーズ・ムーブメントが始まっている。

 実際、先日、坂井ゼミをアシストしてくれている若い講師に、「こういうプロダクトをつくりたいのだけれども、どの企業に相談すれば良いかな?」と訊ねたら、「大企業に持っていって時間をかけるより、自分たちで作った方が早いのではないですか」という答えが返ってきた。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking