官々愕々 第三極の「仮面舞踏会」
〔PHOTO〕gettyimages

 11月27日、嘉田由紀子・滋賀県知事が新党「日本未来の党」の立ち上げを発表し、「国民の生活が第一」(小沢一郎代表)と「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党(脱原発)」(河村たかし共同代表ら)、さらに「みどりの風」(谷岡郁子共同代表ら)の一部の合流が決まった。日替わり政党メニューのドタバタ劇。本稿掲載前の情勢急変もありうるが、あえて解説してみたい。

 橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」が国政政党「日本維新の会」を設立した9月以降、政界が一気に流動化し始めた。平沼赳夫氏らの「たちあがれ日本」が石原慎太郎氏を共同代表に迎えて「太陽の党」を作ると、維新の会と合流を希望していた河村氏の「減税日本」が維新にふられて太陽に乗り換え、合流発表した。と思ったら、太陽は、減税との婚約を破棄して政策不一致の維新と解党までして合流。

 一方、政策がほとんど一致して結婚確実と見られていた渡辺喜美代表の「みんなの党」と維新の合流話が結局破談になると、今度は未来がみんなに接近を始めたと報じられた。

 有権者から見ると節操のない政治家たちの離合集散ということになるのだろうが、その裏には、第三極の中の二つの対立劇が隠れている。一つは、小沢対石原という因縁の「仮面対決」。もう一つは、第三極内部の「寄生虫退治」の戦いである。

 国政政党結党時の国会議員団の顔ぶれがあまりに貧弱だったため急速に支持率を落としてしまった維新は、有力候補擁立もままならず、当初期待されたほどの議席獲得は困難という状況に追い込まれた。

 そこで、石原人気を利用するために政策不一致に目をつぶり太陽との合流に踏み切ったのである。石原氏から見れば、政治家人生最後の賭けに勝つには、自分とたちあがれだけでは力不足。そこで、たちあがれの守旧派カラーを隠すために強烈な個性を持つ橋下氏のお面をかぶって国政に打って出るという戦略を立てた。

 一方、民主党を事実上追い出されたうえに選挙で大量落選必至という状況に追い込まれた生活の小沢氏も、ネット上の支持だけが頼みで、自分が出るとリアルの世界ではむしろマイナス。そこで、「脱原発」という人気テーマ一本に絞り、自分とは真逆イメージの嘉田氏を党首に担いで国民の人気を取ろうという作戦に出た。

 嘉田氏は、小沢氏の狙いをわかった上で、それでも「卒」原発のために数を集めるという決断をした。こうして、橋下氏のお面をかぶった石原氏と嘉田氏のお面をかぶった小沢氏という宿敵同士の戦いが始まったのである。

 他方、橋下氏と嘉田氏は、党内にかたや旧たちあがれ、かたや旧小沢グループという不純分子をそれぞれ抱えながらも数を取りに行くという賭けに出た。選挙である程度の議席を獲得して体が大きく成長したとしても、選挙後には、体内に巣くう寄生虫退治をしない限り、その後の政策実現はおぼつかない。

 たちあがれのメンバーも小沢氏も、もう終わった政治家だが、国会での修羅場を潜り抜けてきた策士たちだ。政権公約をまとめるに当たっても、霞が関文学を駆使して徹底的に骨抜きを狙うたちあがれメンバーの粘り腰には、維新幹部も最後は妥協を余儀なくされた。

 気づくと、財務省と戦う「歳入庁設置」や農協、医師会と戦う「農業、医療の規制改革」などを政権公約の本文に掲げる政党は、初志貫徹で合流に参加しなかったみんなの党だけになってしまった。これで、政官財のトライアングルは今回もしっかりと生き延びることができるだろう。

『週刊現代』2012年12月15日号より

大反響!
新聞が書かない日本の問題点がわかる!
 
著者:古賀茂明
価格:400円(税別)
配信周期:
・テキスト版:毎月第2金曜配信
・動画版 :毎月第4金曜日配信
 
 
※お申込月は当月分(1ヵ月分)を無料でお読みになれます。
 
 
『原発の倫理学―古賀茂明の論考―』
著者:古賀茂明
価格:500円(税別)
※2013年5月下旬発売予定
 
大好評有料メルマガ「古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン」の多岐にわたる論考の中から、原発事故関連、電力問題に関する記述をピックアップ。政治は、経産省は、東電は、そして原発ムラの住人たちは原発事故をどのように扱い、いかにして処理したのか。そこにある「ごまかしとまやかし」の論理を喝破し、原発というモンスターを制御してゼロにしていくための道筋を示す。
「核のゴミ」を処理できないという大問題の解決策がない以上、「原子力は悪である」という前提に立った上で取り扱うべきだという「倫理感」が国民の共通基盤になるはずだという筆者の思いは、熱く、なおかつ説得力がある。
 福島第一原発の事故で原発の恐ろしさに目覚めた人、原子力ムラの企みと横暴に怒りを感じた人、そして「脱原発」を目指す多くの人に、真実を伝え、考える道筋を示し、そして希望を与える「魂のメッセージ」。