政治政策
改革派政策スタッフもドン引き!? 石原新党との合併で自民党出身高齢議員に実権を握られた「日本維新の会」の実情
「日本維新の会」の石原代表〔PHOTO〕gettyimages

 関西を中心に政治改革の新たな旗手との期待を集めてきた「日本維新の会」が総選挙を控えて、大きく揺れている。

 関係者に取材したところ、石原新党こと「太陽の党」との合併に伴い、飲み込んだはずの自民党出身の古いタイプの政治家たちに党運営の実権を奪われてしまい、きら星のごとく結集していた改革派の政策スタッフたちがドン引き状態に陥ったのだ。

 もちろん、合併まで日本維新の会をトップとして率いてきた橋下徹氏の立場から、12月16日に迫った総選挙の投票を睨んで、まずは第3極の勢力を結集し、少しでも多くの議席を獲得することで国政のキャスティングボードを握る狙いがあったと好意的に合併戦略を解説する向きもある。今後、新生「日本維新の会」がなし崩し的に改革離れに走ることはないのか、われわれ有権者は選挙戦をしっかりウォッチする必要がありそうだ。

実権を握る旧「たちあがれ日本」所属議員

 「日本維新の会」は11月29日にニコニコ動画で選挙公約を発表した。その中継をインターネット放送で見て私は驚いた。

 石原代表、橋下代表代行と並んで、司会者として同党の東京本部本部長に就任したという藤井孝男参議院議員や、同じく参議院議員の片山虎之助元総務大臣がひな壇にならんでいたからだ。

 件の政治家たちは、小泉純一郎政権の規制・郵政改革路線に反対したり、以前の選挙で高齢を理由に自民党からの公認を獲得できずに同党を離れた過去を持っている。

 そして、同じ日、筆者の取材に応じた「維新の会」関係者の話は、そうした直感を裏付けるものだった。

 この関係者は開口一番、もはや「今回の選挙には、全く関心がない」という。その原因として、片山、藤井両氏のほか、園田博之衆議院議員ら旧「たちあがれ日本」所属の国会議員の名前を挙げ、彼らが実権を握ったことで「日本維新の会」の理念が大きく揺らぎ、政治改革を目指す同党らしさが急速に失われつつある、と明かしたのだった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら