大野俊三「ザックジャパン、前進し続ける要因」

 鹿島アントラーズのナビスコ杯連覇、W杯最終予選のオマーン戦、そしてサンフレッチェ広島のリーグ初優勝……。この11月もサッカーの話題が目白押しでした。中でも私が印象に残っているのは、ザックジャパンがオマーンに勝利し、ブラジル行きに王手をかけたことです。アウェー、しかも気温30℃を超える厳しい環境で、勝ち点3を持ち帰った結果は大きく評価できます。

アウェーでも勝てる守備組織

 オマーン戦最大の収穫は、アウェーでも勝てるDF組織が構築されてきたことです。試合は、ホームで負けられないオマーンが立ち上がりから積極的に仕掛けてきましたね。日本は暑さの影響もあり、時折、足が止まったり、マークを見失ったりしてピンチを招く時間帯もありました。加えて、個々の身体能力でもスピード、高さ、強さなどは相手のほうが上ですしたから、1対1での勝負で劣ってしまう印象も受けました。それでも、失点はFKの1点のみ。流れの中でのゴールは許しませんでした。厳しい環境下で決して及第点の内容ではなくとも、DFが崩壊しなかった点はザックジャパンの進化を感じています。

 また、攻撃面ではアルベルト・ザッケローニ監督が進めてきたタテに速いサッカーが、よりかたちになってきました。特に先制点はまさに理想といえる点の獲り方でしたね。敵陣まで攻め上がっていた今野泰幸(G大阪)が、PA内左サイドを抜け出した長友佑都(インテル)へ縦に浮き球のパス。そこからのクロスを清武弘嗣(ニュルンベルク)が押し込みました。オマーン守備陣は速い縦パスで態勢を崩され、マークを一瞬見失ってしまいました。だからゴール前で清武の動きについていけなかったのです。

 指揮官の考えるサッカーが代表チームに浸透してきている要因としては、ザッケローニ体制になってから、ほぼ同じメンバーで戦ってきていることがあげられます。選手を大きく入れ替えることなく、着実にチームづくりが進んでいると言えるでしょう。オマーン戦のような内容でも、結果が残せるチームになってきています

 次のヨルダン戦(来年3月26日)に勝てば5大会連続のW杯が決まります。日本としては是非とも次戦で出場権を確定させ、本大会に向けた準備に早めにとりかかりたいところです。その点、3月という日程は日本にとっては追い風です。欧州組の選手はシーズン中ですし、国内組もリーグ戦の開幕に合わせて、キャンプや自主トレで体を仕上げた状態で臨めます。万全を期し、勝ってブラジル行きのチケットを手にしてほしいですね。