経済的苦境下の欧州ツアーは
オバマ派? それともロムニー派?

最終戦を制したローリー・マキロイは欧州ツアーの救世主(写真/平岡純)

文/舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

最終戦

 欧州ツアーの2012年シーズンがようやく終了した。

 最終戦のドバイ・ワールド・チャンピオンシップはローリー・マキロイが勝利。

 自身にとって欧州ツアー通算5勝目、米欧両ツアーにおける今季5勝目をマキロイがこの最終戦で飾ってくれたことは、欧州ツアーにとって何よりの喜びとなった。

 マキロイは、最終戦以前に米ツアー、欧州ツアー、双方の賞金王の座を確実化し、世界の注目を集めていた。

 今年は全米プロを圧勝し、2つ目のメジャータイトルを獲得するなど米ツアーで4勝を挙げ、そして最後は欧州ツアー最終戦で優勝して、世界ナンバー1の座を強固なものとした。

 そんな華々しいマキロイの優勝の瞬間が、欧州ツアーのR2D(レース・トゥ・ドバイ)の締め括りとなり、世界の注目を集めたことは、経済的な苦境に立たされている欧州ツアーにとって、願ってもない展開だった。

10年の全米プロ覇者マーチン・カイマーは来季から米ツアーの正式メンバーになる(写真/平岡純)
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら