賢者の知恵
2012年12月03日(月) フライデー

創刊28周年企画 重大事件、事故、天災「九死に一生」生存者たちの秘話15 part1

friday
upperline

 歴史的惨事に居合わせ、ホンのわずかの偶然で「生かされた」人たち。極限での生のドラマを、当事者やその家族が、あらためて振りかえる---。

日航機墜落事故 '85年8月12日
524人の内、4人が生存。奇跡の生還者が抱える心の闇

機体の残骸や遺体が散乱する墜落現場。現在、ここには「昇魂の碑」が建てられ、犠牲者の墓標が並んでいる〔PHOTO〕曽我陽三
事故から10年後の吉崎さん。「遺品はどうしても捨てられない」と語っていた〔PHOTO〕吉田 隆

「元気でやっていますよ。でも、娘からは『もう取材は受けないで』って言われているんです。あることないことネットに書かれているらしくて、嫌になってしまったのよ」

 都内に住む吉崎博子さん(61)は、本誌記者の取材に笑いながらこう答えた。

 乗員乗客520人が命を落とした日航機墜落事故。救出されたのはわずかに4人で、生存率は1%にも満たない。彼女と娘さんは奇跡の生還者のうちの二人なのである。

 当時、吉崎さんは兵庫県芦屋市に家族5人で暮らしていた。夏休みに東京の実家に里帰りし、その帰路で事故に遭遇。家族全員が機内の後部座席に座っていたが、夫の優三さん(当時38)、長男の充芳くん(同9)、次女のゆかりちゃん(同6)の3人が帰らぬ人となり、吉崎さんと8歳だった長女の美紀子さんの二人だけが生き延びたのである。

 事故から10年後、東京の実家に身を寄せていた彼女は、本誌の取材にこう答えている。

「離陸してしばらくすると、パーンという音がして、機体が右へ左へと激しく揺れ始めました。私は具合が悪くなった長男の面倒を横で見ていましたし、パニックになる余裕はありませんでした。いよいよ墜落という時のことも覚えています。まるでジェットコースターが真っ逆さまに急降下していくような感じです。ドーンとなったところで意識はなくなりました。暗闇の中で目を覚ますと、ヘリコプターのサーチライトが見えました。その時は、まだガヤガヤと人の声も聞こえていたんです。自分が生きているんだから、みんなも助かったんだと思っていましたね」

次ページ  それから、さらに17年の月日…
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ