田中克郎 第4回 「自分が昔やってもらったことを若い世代に循環させるため、毎年10数人の留学生を送り出す」

撮影:立木義浩

第3回はこちらをご覧ください。

立木 セオ、やっぱりお前ではダメだ。

セオ どうしてですか。

立木 シマジが退席してから、田中先生はこんなに寂しそうな顔をしてるじゃないか。きっと、まだその辺にウロウロしているはずだから、セオ、すぐ探しに行ってこい。

セオ はい、わかりました。

立木 田中先生はホントにシマジのことが大好きなんですね。

田中 はい。

立木 あいつにはいつも、おれよりほかの男を好きになるなよ、ときつく言っているのにこれだものねえ。

田中 立木先生は意外とヤキモチ妬きなんですね。

立木 はい。女にはまったくヤキモチを妬きませんが、男には堂々と妬いてしまうんです。

田中 アッハッハッハ。それは面白い性格です。やっぱり立木先生は芸術家なんですね。