読書人の雑誌『本』より
2012年12月19日(水)

『死刑と正義』 著:森 炎
市民裁判時代の死刑と哲学

upperline

 この日本という「開かれた社会」にあって、裁判所は特殊例外的なまでに閉鎖的な社会である。法廷の外で裁判官が何をどう考え、どのような精神生活を送っているのか、その実像を知る人は、同じ裁判官という人種以外にはない。

 刑事裁判官の日常は、荘厳な薄暗い裁判官室で、担当事件や死刑について思考の刃を研ぎ澄ますように、一人じっと沈思黙考し続ける---といったものではまるでない。

 私が刑事裁判官をやっていたのは、東京地裁八王子支部に配属されていた時期だったが、退官後も、何かにつけてよく思い出す風景がある。あるいは心象風景と言うべきかもしれないが、それは、田舎の小学校のような雰囲気の庁舎の中で、一部屋に三人が雑居して、それぞれ書物(事件記録、執務資料)を読み、ぼんやりと考えを巡らしているといった牧歌的な情景である。

 実際、八王子支部の庁舎は桜の古木に囲まれた低層の建物で、すぐ裏には三多摩の清流の一つ、浅川が流れていた。西側は都立南多摩高校に隣接していて、いつもどこかで若い男女の声が聞こえ、川のにおいが感じられるような場所だった。

 司法組織の管轄の関係上、東京地裁八王子支部刑事部は、重大事件が集中する部署として知られていて、死刑求刑事件も当たり前のように常に複数抱えていた。それでも、牧歌的な裁判官生活にはほとんど何の影響も及ぼしていなかった。

 2009年春、東京地裁八王子支部は立川に移転し、オフィスビルを思わせる白を基調にした近代的な新庁舎が新築された。八王子の旧庁舎は取り壊され、今はもうない。しかし、おそらくは、刑事裁判官の心静かな日常は今もあまり変わっていないはずである。

『死刑と正義』
著者:森 炎
講談社現代新書 / 定価798円(税込み)
 
◆ 内容紹介
「ある日、家族が侵入者に殺害されたら」「社会の安全が揺らいだら」------。裁判員制度下、市民は正義の判断を下さなければならなくなった。何が死刑と無期懲役を分けるのか。その裁きを決める根拠とは。秋葉原通り魔事件、光市母子殺害事件、附属池田小児童殺傷事件などを手掛かりに、元裁判官が問いかける現代の罪と罰。
 
 
 
 
次ページ  なぜ死刑事件を抱えていてもそ…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事