[アイランドリーグ]
愛媛・星野おさむ監督「アイランドリーグに慣れてはいけない!」

補強ポイントは先発投手と中軸打者

 シーズン終了から1カ月以上が経ち、チームは来季に向けて動き出しています。先日は関西でトライアウトがあり、23日には関東でも実施予定です。愛媛の第一の補強ポイントはピッチャー。12勝を挙げたデイビット・トレイハンらが抜け、先発ローテーションを再編することになるでしょう。また中軸を打っていたブレット・フラワー、橋本将が抜けますから、クリーンアップを任せられるバットマンも欲しいところです。

 しかし、現実は甘くありません。即戦力になるような好素材はNPBのスカウトもチェックし、指名しています。簡単に「これは!」と目に留まる選手は見つかりません。今季はNPBでリーグ出身の角中勝也(千葉ロッテ)が首位打者やベストナインに輝き、日本代表にも選出されました。本来なら、我々もこれを追い風にしなくてはいけないところ、今回のドラフトではリーグ全体で2名の指名にとどまりました。愛媛にもスカウトに評価されている選手がいながらNPBに行けなかった現実を厳しく受け止めなくてはならないでしょう。

 今季はみやざきフェニックス・リーグでもアイランドリーグ選抜は1勝13敗4分と最下位に終わりました。僕も最後の6試合を指揮しましたが、2分4敗。最初の横浜DeNA戦こそワンサイドでしたが、他の試合は接戦を落としたり、引き分ける展開が多かったです。結果だけ見れば惜しいかもしれませんが、勝負どころで抑えられなかったり、打てない選手はプロとして大成しません。僅差のゲームで勝てなかったことこそ、力不足を示しているのだと選手は自覚してほしいものです。

 フェニックスリーグに参戦するのは当たり前ではありません。あくまでも僕たちはNPBから招かれている立場です。あまりにも弱くて試合にならなければ声がかからなくなるでしょう。その意味では選抜チームに選ばれた選手たちはもっと自分をアピールして欲しかったと感じました。自らの持ち味を精一杯出すことが、今後の野球人生を切り拓き、リーグ全体の価値向上にもつながります。

「フェニックスリーグに参戦することに慣れてはいけない」

 選手たちには、そう声を大にして言いたいです。これは自戒も込めていますが、どうしても四国の中で試合をしていると、そこでの勝敗や成績にばかり気を取られがちです。このリーグで結果を出すことで満足してしまい、更なる向上心や探究心が薄れてしまう。そんな危険性を感じています。

 限られた環境の中、うまく適応して結果を残すことはもちろん大切ですが、単なるアイランドリーグの選手で終わらないよう、常に「ここでのプレーが最終目的ではない」という強い気持ちを持つ。今回のドラフト指名の少なさを受けて、指導者も選手も、もう一度原点を見直すべきだと思っています。