雑誌 企業・経営

技術的な資産を活かし、新しい提案をしなければ生き残れない時代です。
実はそんな時こそ「いい意味でのロス」が必要なのだと思います。

ナブテスコ 小谷和朗
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら