賢者の知恵
2012年12月30日(日) 週刊現代

こうすれば「詰まらない」「切れない」「血管」を鍛えて長生きしよう

脳卒中、心筋梗塞を防ぐセルフチェックシート付き

週刊現代
upperline

 3人に1人が「血管病」で命を落とす時代。だが、血管そのものは本来、120年もの耐久性を持つと言われている。この強い器官をきちんとケアすれば、寝たきりも早死にも防ぐことができる!

血管が寿命を左右する

 血管は55歳くらいから老化すると言われている。ただし、これはあくまで平均値。喫煙やストレス、問題のある生活習慣が原因で、実年齢はまだ若いのに、血管だけは老人並みという人が非常に増えているのだ。

 血管病治療・予防に詳しい池谷医院院長の池谷敏郎医師も、こう指摘する。

「一日にタバコを1箱以上吸い、ラーメン中心の不健康な食生活をしていた20歳の大学生が、心筋梗塞を起こして運ばれてきたことがあります。彼の心臓を養う冠動脈の内壁にはプラーク(動脈硬化で生じたコブ)ができ、それが原因で血管が詰まってしまったのです。まだ若いからといって安心してはいけません。動脈硬化による血管事故は、男性のほうが圧倒的に多く、女性の4倍もあるのです」

 血管の老化とは、血管に弾力性や厚みがなくなり、しなやかだった血管が硬いゴワゴワの状態になることを言う。

 血管が硬くなると血液の流れが悪くなり、コレステロールなどが血管の壁に付着、プラークと呼ばれるお粥状の塊になる。プラークがどんどん大きくなると、やがては血液の通り道が塞がれて詰まるのだが、その前にプラークが破裂し、血管を詰まらせてしまうケースの方が、実は多い。

 プラークが破裂して傷口ができると、そこに止血役の血小板が集まり、傷を修復する。だがその一方で、血の塊(血栓)もできる。この血栓がその場で血管を詰まらせることもあるし、血流に乗って心臓や脳や肺に運ばれ、そこで血管を詰まらせると、寝たきりや突然死を招く心筋梗塞、脳卒中、肺栓塞症が起こる。

 血管の老化には、もう一つの問題がある。血管が硬くなって血の流れが悪くなると、血液を全身に行き渡らせるために、ポンプ役の心臓がより強い圧力をかけて血を送り出すようになる。その結果、血圧は上昇。血圧が高くなると血管が刺激を受けるため、さらに動脈硬化が進んでいく---といった悪循環に陥ってしまうのだ。

 血管の年齢は健康や寿命に直結する。だからこそ、日頃からのチェックが必要だ。まずは左に掲げた「血管年齢チェックテスト」で、自分の血管年齢を調べてみよう。考案者は元自治医科大学附属病院院長で現・小山市民病院院長の島田和幸医師。島田医師による判定の目安は以下の通りだ。

●血管年齢20~30代=まだ若々しく、しなやかで健康的な血管状態。
●血管年齢40~50代=血管の老化が進行している可能性がある。血管を若く保つケアが必要。
●血管年齢60~70代=血管がかなり老化している。動脈硬化が進んでいる可能性が大であり、放置すると数年以内に深刻な血管病を起こす恐れも。
●血管年齢80代以上=動脈硬化が進行している。明日にも血管病の発作を起こし、倒れても不思議ではない状態。喫煙者はただちに禁煙すべきレベル。

次ページ    ここで気になるのが老化対…
1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事