中国
第18回中国共産党大会閉幕---"親日派の重石"胡錦濤の完全引退でいよいよ勢いづく江沢民&習近平「反日政権」の危惧!
〔PHOTO〕gettyimages

 11月15日午前12時、予定より53分も遅れて、人民大会堂の東大庁に、お目当ての男がのっしのっしと現れた。習近平・新総書記兼新軍委主席(59歳)である。「譲大家久待了!」(皆さんお待たせしました)という野太い声が、第一声だった。

 縒れた深紅のネクタイは、自身が主催した初の重要会議を終えて、そのまま駆けつけたことを意味した。また、中国のトップとして、初めて標準中国語を話したのも新鮮だった。振り返れば、毛沢東は湖南訛り、鄧小平は四川訛り、江沢民は揚州訛り、胡錦濤も江蘇訛りがそれぞれ激しかった。純粋な北京育ちの「皇帝様」は、習近平が初めてなのだ。

 中国中央テレビが「アメリカ人は夜更かしし、ヨーロッパ人は早起きして、世界中が注視している」ともったいをつけて報じた習近平の20分に及ぶ初演説は、一言で言えば、毛沢東がマルクスのもとから這い出て来たような内容だった。

 11月8日に胡錦濤・前総書記(69歳)が行った政治報告では、「改革」という言葉が80回も連発された。ところが、習近平の演説には、一回も出てこなかった。代わりに、短い演説の中で「人民」という言葉を18回も連発した。「為人民服務」(人民に奉仕する)、「中国的人民是偉大的人民」(中国人民は偉大な人民である)という調子だ。つまり、鄧小平が始めた改革開放をすっ飛ばして、毛沢東語録に先祖帰りしているのだ。

日中関係はきわめて難しい時代を迎えた

 中でも、非常に印象的だったのは以下のような言葉だ。

< 近代以降、我人門的民族歴経磨難。中華民族到了最危険的時候。自那時以来、為了実現中華民族的偉大復興、無数仁人志士奮起抗争、但一次又一次地失敗了。中国共産党成立後、団結帯領人民前人ト後継、頑強奮闘、把貧窮落後的旧中国変成日益走向繁栄富強的新中国 >

(近藤訳:近代以降、わが民族は艱難辛苦を経験し、中華民族は最も危ない時期に至った。その時以来、中華民族の偉大な復興のため、無数の仁徳者や志士たちが奮起し抗争を起こしたが、失敗の連続だった。だが中国共産党成立後、団結して人民の前途後継と頑強なる奮闘を導き、貧窮し落伍した旧い中国を、日進月歩で繁栄と富強に至る新中国へと変えた)

 つまり、偉大なのは改革開放を唱えた鄧小平ではなくて、革命を起こした毛沢東だったと言っているわけである。また、中国共産党のアイデンティティは、抗日戦争にこそあると強調しているのである。

 「中華民族到了最危険的時候」(中華民族は最も危ない時期に至った)という言葉は、「義勇軍行進曲」(中国国歌)からの引用で、実際、習近平はこの一節を口にした時、わざと歌うような口調で述べた。義勇軍行進曲は抗日映画の主題歌で、「あの抗日の時代を思い出せ!」と国民を鼓舞するメタファーだったわけだ。ちなみに国歌はその後、「誰もが最後の吼声を叫ぶのだ、起ち上がれ!」と続く。

 日本人記者としては、思わず身震いしてしまった。そしていま行われている反日攻勢と重なって見えた。日中関係はきわめて難しい時代を迎えた、ということだ。

 演説の後半は、「偉大なる中華民族の復興」と、そのために「全身全霊人民に奉仕する」というのが主旋律だった。これは文化大革命の復活に思えてならない。すでに一年前の「6中全会」(第17期中国共産党中央委員会第6回全体会議)から、同じトーンが顕れていた。あの時、胡錦濤路線とは明らかに異なる復古調のスローガンが奇異に映ったが、あれは習近平が事実上初めて主導した会議だったのだ。

 今年に入って誰もが薄煕来・前重慶市党委書記を批判し、失脚させたが、習近平政治の路線は、明らかに薄煕来政治の全国版である。だが何人かの中国人の友人に聞くと、「朴実(朴訥)でいい」とか、「格差是正を強調していて共感が持てた」などと、みな概ね好意的に捉えている。国民の期待値はかなり高く、もし世論調査があれば、発足時の支持率は7割に達するくらいの肌感覚だ。

 習近平の顔、口調、話の内容が誰かに似ていると思ったら、韓国の元大統領・盧武鉉(ノ・ムヒョン)だ。本当に似ている! ちなみに盧武鉉は散々叩かれて退任し、その後自殺した。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら