ビジネスとしての将棋を議論した後の「感想戦」

田中寅彦九段との対談からわかったこと

 前々回の本欄で、「衰退か? 盛り返すか? 頭脳の格闘技『将棋』をビジネスとして考える」と題して、主として日本将棋連盟とプロ棋士が関わるビジネスの側面について論じてみたが、筆者としても意外なほど多くの反響を貰った。

 朝日新聞(11月6日夕刊)で取り上げて貰ったし、何よりも11月7日に、日本将棋連盟の田中寅彦常務理事(九段)とこの問題について対談し、ニコニコ生放送で中継されるという機会を得ることができた。また、田中九段以外にも、何人かとプロ棋士のお話を聞くことができた。この場を借りて、田中九段をはじめ、お話を伺うことができた関係諸氏に大いに感謝したい。

 筆者は、将棋連盟の詳しい経営内容やプロ棋士の人間関係を知るような「将棋界のインサイダー」ではない。将棋ビジネスの将来を語るには、まだまだ分からないことが多い。だが、せっかくこうした機会を得たので、特に、ニコニコ生放送での田中九段との対談後に考えたことについて、フォローしておきたい。

 プロの将棋の世界では、対局終了後、両対局者によって「感想戦」と呼ばれる検討が行われることが一般的だ。本稿は、前々回の拙稿と田中九段との対談における「局後の感想戦」に相当するものだ。

 田中九段や関係者の話をお聞きして、「やはりそうだったのか」と確認したことと、「これは認識が違っていた」と思ったことが、それぞれ複数あった。簡単にまとめると以下の通りだ。

 まず、以下の3点は、概ね事前に思っていた通りだった。

①日本将棋連盟の目下の主たる収入源は、新聞をスポンサーとする棋戦契約料であるが、これは少なくとも伸びが止まっており、今後の推移は楽観を許さない。

②コンピューターの将棋ソフトが強くなっており、プロ棋士が勝てない状況が到来することが「ほぼ時間の問題」(あるいは「単なる手続きの問題」)であるらしい。

③将棋連盟の将棋ビジネスは棋士たち自身によって行われているが、硬直的で、ビジネス上不自由な部分が多い。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら