[BCリーグ]
村山哲二代表「世界の育成拠点へ」

 6年目のシーズンとなった今季は、新潟アルビレックスBCの強さが際立ちました。リーグではもちろん、独立リーググランドチャンピオンシップで対戦した四国アイランドリーグplusの覇者・香川オリーブガイナーズと比べても、新潟のチーム力、メンタル面の強さは群を抜いていました。新潟の強さは決して野球の技術に限ったことではありませんでした。一野球選手として、そして一人の人間として、選手全員が地域の子どもたちのお手本となっており、チームが地域と一体化していたのです。そして、BCリーグの目指すべき姿が、そこにはありました。

 BCリーグは年々、着実にレベルアップしています。今季、BCリーグを初制覇した新潟は、独立リーグチャンピオンシップでは香川に一つも負けることなく3連勝で、昨季の石川ミリオンスターズに続いて独立リーグチャンピオンを達成しました。新潟は、今季から公式戦として行なった横浜DeNAの2軍とも前後期合わせて2勝2敗。また、他球団との交流戦でも2勝2敗1分と、NPBの2軍とも全くひけをとりませんでした。また、10月25日のドラフト会議においては、福井ミラクルエレファンツから2人、信濃グランセローズと群馬ダイヤモンドペガサスからそれぞれ1人と、計4選手が指名を受け、そのうち1人はリーグ2人目となる本ドラフトでの指名でした。こうした実績は、リーグのレベルの高さを十分に表しています。

 しかし、設立当初からの課題である「観客動員数」については、まだ克服されたとは言えません。今季、観客動員数が前年を上回ったのは、新潟のみ。あとの5球団は下回ってしまいました。特に大きく落ち込んだのは群馬です。群馬はリーグを代表とする強豪チームとして、設立初年度から地区3連覇、2度のリーグ優勝を達成しました。しかし、今季は選手がほとんど入れ替わり、ゼロからのスタートだったこともあり、就任1年目の五十嵐章人監督も非常に大変だったと思います。チーム成績がそのまま観客動員に表れた結果となってしまいました。北陸3球団については、ほぼ横ばいではあったものの、目標を達成していないうえで前年を下回ったわけですから、決して楽観視することはできません。