雑誌
現役トレーダーが明かす年収5000万円!「外資系金融の図太いヤツら」
自室にある本棚の前に立つ藤沢氏。やはり経済・ビジネス書が多い。ポール・クルーグマンの本がおすすめ

「僕が就いているトレーダー職は、30代でも年収5000万円ぐらいの人はゴロゴロいます。でも、 '08年のリーマンショックを境に、職場の雰囲気はガラッと変わりました。それまでは3000万円くらいのボーナスは一括でポンと払ってくれたのに、今では4分割にして4年かけて受け取る制度に変わってしまった。自己都合で退職すると、残りのボーナスを受け取る権利もなくなることになった。だから、皆、会社にしがみつくようになった。

 外資系なのに、なんだか日本の企業より日本的な雰囲気になっちゃった気がします。でも外資系金融には、まだまだ強者、図太い人たちがいます。やはり外資系金融の特徴である成果報酬型の企業カルチャーは、不滅だと思います(笑)」

 こう話すのは、外資系金融機関で働く現役のトレーダーで人気ブロガーでもある藤沢数希氏である。藤沢氏は大学を卒業後、米系の研究機関で物理学の博士号を取得。その後、ヘッドハンティングされて外資系金融の世界に入り、複数の企業を渡り歩いた―。それ以外のプロフィールは一切非公開という謎の人物だが、最新刊の『外資系金融の終わり』(ダイヤモンド社)は6万部を超えるベストセラーになっている。同書で藤沢氏は、やりたい放題だった外資系投資銀行の経営破綻危機を、米国の金融当局が公的資金で救済してしまったモラルハザード(倫理の破綻)を激しく批判。また、外資系金融マンたちの派手ばかりではない意外な素顔も紹介している。ここでは、外資系金融マンたちの「知られざる生態」にスポットを当ててみよう。

 まず、本誌が訪ねたのは藤沢氏のマンション。自室は1LDKで、都内のビジネス街に聳えるタワーマンションの十数階にあった。「家賃は月ウン十万円」だが、すべて会社の借り上げ。「税金対策です。家賃分は給与には含まれません。その分、所得税がかからない」ワケである。

何とも殺風景なリビング。PCモニターは4つある。「著書を執筆する時に、手伝ってくれるスタッフ用」

ユニクロ好きのドケチ

インタビューに答える藤沢氏。今最も興味があるのは本を書くこと。カノジョはいないが、「気にならない」

 会社の社員への配慮は羨ましいばかりだが、藤沢氏が同書で指摘している外資系金融マンの図太さの一つも、合理的すぎる金銭感覚、その「ドケチ」ぶりだ。

「職種による違いはあるけれど、特に僕らトレーダーは、仕事でちょっとでも安く(株・債券などを)買うことばかり考えているからか、ケチが多い。僕もこれまでに買った一番高価なものは、当時20万円ぐらいだったシャープの40インチ型の液晶テレビです。ファッションもジーンズとスエット。以前、接待でミシュランの三つ星レストランに会社の同僚と行った時は、ドレスコードにひっかかってしまった。もちろんファッションが趣味の人もいるけれど、なぜかトレーダーにはユニクロ好きが多い(笑)。無駄と思うものには1円もかけないんですよ」

 合理的金銭感覚といえば、「ド派手接待」も有名。投資銀行は金融商品の買い手である生保やヘッジファンドなどの機関投資家(ファンドマネージャー)が最上客で、その接待がハンパではない。

「数年前までは一晩に一人100万円使うのは珍しくなかった。外国人を接待する時は決まって六本木のストリップバー。日本人にはキャバクラが人気でした。ブロンドの女性と二人きりで入れるストリップバーの個室は、1時間で10万円近く飛ぶ。1本十数万円もするドンペリを水のように飲んだり、意味あるものにはカネをぶち込みます。顧客の多くが〝素人好き〟だと分かると、美人社員を大量に雇って、自前の接待軍団を作る外資系金融まで誕生した。ただし、リーマンショック以降は自粛ムードで、派手な話は聞きません」

キッチンの脇にあったカップ麵、カロリーメイト、水、ポンジュースの箱。太らないための合理的な夜食だ

 冒頭にあるように、給与体系も変わり日本的な社員が増えたというが、実は、上司に媚びを売る〝太鼓持ち社員〟は、外資系にこそ多いのだという。

「外資系では部署のトップ、ボスが人事も含めた全権(生殺与奪権!)を持っています。だから、嫌われたら最後。イジメでも何でもありで自己都合退職に追い込まれることになる。だから、ボスへの〝ごますり合戦〟がすごいんです」

 その作戦は人目を気にしない図太さに溢れている。例えば、海外旅行に行けば必ずボスの奥さんへのお土産を持参する。誕生日にもプレゼントを欠かさない。

「ボスがホームパーティを開けば、皆、一目散。大変なことになる(笑)。いい年をした外国人社員たちが気色悪い〝求愛活動〟をマメに行う姿を初めて見た時は、本当に驚きました。でも、あのクビ切り現場を見れば理解できます」

 2年前、藤沢氏が目撃したクビ切りシーンは鮮烈だった。その日はボーナスの金額の発表日だったが、ランチに呼び出された3人の同僚社員は、「そのまま自分の席に帰ってこなかった……」。後は、人事部が法的に問題がないように、「転職を前提に自己都合退職するよう説得に入る」という。

 が、転職戦線はかつての輝きはなく、ヘッドハンターも激減しているという。

「僕は金融マーケットのトレーダーなので、朝8時に出社して夕方には帰宅できる。それでも、仕事量はかつての2倍に増え、年収は半減した。そろそろ独立しようかなとは思っています。毎年、1500万円ぐらいは貯金に回しています。転職についてはもう、気乗りしませんね」

 それでも外資系金融は、東大生らの就職先として人気はNo1。藤沢氏が就活生にこうアドバイスする。

「かつての勢いはなくなりましたが、今でも、外資系金融は国内の一流企業に勤める同年代の2~3倍は稼げる。短期でクビになるとしても、コストパフォーマンス的にはおすすめですよ」

「フライデー」2012年11月16日号より

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら