[アイランドリーグ]
高知・定岡智秋監督「井川がドラフト指名されるために」

星野、水口が指名された理由

 先のNPBドラフト会議、残念ながら高知からは指名がありませんでした。アイランドリーグ全体でも2名と少ない結果に終わり、NPBにアピールし、通用する選手を育てるにはどうすべきか、もう一度考え直さなくてはならないと感じています。

 東京ヤクルトから5位指名を受けた星野雄大は年間通じて大きな波がなかったことが評価されたのでしょう。肩やバッティングに関して言えば、このリーグ内でも徳島の山城一樹や高知の屋宜宣一郎も星野に負けていないと僕はみています。しかし、2人はケガや不調でシーズンを通して安定した成績を残せませんでした。

 キャッチャーはチームの要となるポジション。安定感があるかどうかはキャッチャーにとって大切なポイントです。また星野にはリードの巧みさもあります。ピッチャーの長所を引き出しながら、バッターの弱点を突く。香川が年間優勝できたのも彼の存在があったからだと思います。

 埼玉西武から育成指名を受けた水口大地は今季、さらに足が速くなった印象を受けました。これは単に走力が上がったのではなく、足を生かしたプレーができるようになった証拠でしょう。これまでは攻守に淡白さも見受けられましたが、今季は打席に入ると簡単に三振せず、粘り強さが出てきました。セカンドの守備もイージーミスが減り、捕れるボールは確実にアウトにできるようになっています。

 NPBに行くには1個のファインプレーよりも、100個の堅実な守備を見せるほうが大事です。きっと、そのあたりがスカウトにも評価されたのでしょう。西武は若手野手がどんどん育っており、シーズンを乗り切る体力がつけば、きっとチャンスは出てくるはずです。