[格闘技]
近藤隆夫「石井慧、“最後の大勝負”はあるのか!?」

大晦日に『DREAM18』開催決定!

新体制での再スタート

 うれしいニュースが入ってきた。今年も大晦日に総合格闘技のイベントが継続開催されることになったのだ。12月31日、さいたまスーパーアリーナにて『DREAM18 大晦日スペシャル2012』が開かれると10月25日に発表された。

 前回のコラムで私は、<さいたまスーパーアリーナを舞台として続けられてきた大晦日の総合格闘技イベントの継続は難しいかもしれない>と書いた。でも、その予測は喜ばしい形で外れた。これで今年も除夜の鐘を、さいたまスーパーアリーナで聴くことできる。

 運営母体のFEGが倒産したことでDREAMも終焉を迎えたかに思われた。青木真也vs.ロブ・マックローをメインカードに『DREAM17』が開催されたのは昨年の9月24日(さいたまスーパーアリーナ)のこと。以降1年以上、次回大会の開催が発表されていなかった。PRIDEから継続して見続けたファンも、「ここまでか……」と諦めていたはずだ。

 だが、どっこいDREAMは生きていた。今大会から主催・運営会社を担当するのは、欧州で立ち技系格闘技イベント『グローリー』を開催しているGSI(グローリー・スポーツ・インターナショナル/ピエール・アンデュランド代表)。『DREAM18』は大晦日の単独イベントではなく、新体制での来年以降を見据えた再スタートの大会となる。

「DREAMは、まだ終わっていない。そのことをファンに伝えたかった。だから大会名もDREAMにこだわりました」

『PRIDE1』からのイベントスタッフで、元DREAMのイベントプロデューサー、今大会では広報としての役割を果たす笹原圭一氏は大会開催発表記者会見で、そう話した。実際、来年はDREAMを10大会開く計画が立てられているようだ。すべてが総合格闘技のイベントではなく、「総合格闘技5大会、キックボクシングが5大会」の内訳のようだが、これが実現すれば、総合格闘技再興への道が開かれることになる。