野球
二宮清純「巨人は強肩・梨田をなぜ、指名しなかったのか!?」
現役時代は4度のダイヤモンドグラブ(現ゴールデングラブ)賞を獲得

 前北海道日本ハム監督で今回、第3回WBCの日本代表野手総合コーチに就任した梨田昌孝さんと言えば、島根・浜田高時代から強肩・強打のキャッチャーとして有名でした。

 ともに初戦で敗退したものの、3年時には春・夏続けて甲子園に出場しています。高校野球での梨田さんの強肩は圧倒的で、ピッチャーが投じるボールよりも梨田さんの返球の方が速かった、なんていうエピソードも残しています。

幻に終わった巨人・梨田

 その梨田さんを早くから追っていたのが巨人でした。梨田さんが高3の時の1971年と言えば、巨人が7連覇を達成した年です。レギュラー捕手の森昌彦(現・祇晶)さんの肩には衰えが見られ、当時の監督・川上哲治さんは“ポスト森”として肩のいいキャッチャーを探していました。

 巨人のスカウトにとって、梨田さんの鉄砲肩は垂涎の的でした。「リードやバッティングはともかく、肩だけならすぐにでも1軍で通用する」と見られていたそうです。

しかし、ドラフト会議当日、巨人は梨田さんの指名を見送りました。指名したのは近鉄で2位でした。2位といっても、当時は予備抽選で選択順を決めており、全体の13番目。つまりナンバーワン評価の2位だったということです。

 近鉄に入団してからの梨田さんの活躍については、改めて説明の必要もないでしょう。通算1065盗塁の福本豊さんの全盛時、ほとんどの年で盗塁阻止率4割を超えていたのは梨田さんだけでした。