[サッカー]
大野俊三「欧州遠征で明確になった世界との差」

 収穫と課題の両方がみえた実りある欧州遠征だったのではないでしょうか。フランス、ブラジルとの2連戦は1勝1敗。ザックジャパンが現時点で世界に対して通用する部分とそうでない部分が明確になったと感じました。通用したのは組織立った戦い方、宿題として残ったのは攻守における速攻の対応力です。

対世界にはカウンターが必須

 最初のフランス戦で日本は21本ものシュートを打たれました。そのなかでなぜ、無失点に抑えることができたのでしょうか。それは試合を通じてDFラインから前線までの距離をコンパクトに保って戦えていたからです。日本の選手たちはセカンドボールへの反応が速く、連続攻撃を許しませんでした。またカリム・ベンゼマやフランク・リベリーらひとりで局面を打開できる選手には2人以上で組織立って対応し、ボールを奪えていました。

 フランス戦ではカウンターの有効性も再認識しました。今まではパスをつないでゴールを奪うスタイルがサッカーの王道という向きがありました。ただ、W杯本番の決勝トーナメントのように負ければ終わりという状況下では、負けないサッカー、すなわち点を奪われない戦い方をしなくてはいけません。そして、しっかりと守った後、一気にボールを縦に運んでスピードアップするのです。

 日本の決勝点はそのカウンターから奪ったものでした。CKのこぼれ球を拾った今野泰幸がドリブルで一気にPA手前までボールを運びましたね。カウンターで守備側が数的不利な状況になると、DFは突破されないよう、下がりながら味方のサポートを待つことになります。もし裏をとられてしまえば、一気にゴールまでボールを運ばれてしまう危険があるからです。そのため、フランスとしてはPA手前まで攻め込まれる前にDFラインの選手が今野にプレスをかけて攻撃のスピートを落とし、その間に、中盤の選手が追いついて陣形を整える計算をしていたと思います。

 ただ、予想以上に今野のドリブルが速かったため、DFラインはプレスをかけられず、ずるずると下がらざるを得なかったのでしょう。加えて、香川真司もゴールに向かって走り込んでいましたから、そちらのケアも求められていました。戻りながらの対応では、どうしてもマークの受け渡しやクロスに対するポジショニングがずれます。日本はフランス守備陣のギャップをうまく突いたのです。

 これまでの日本の攻撃にはしっかりとパスをつないでゴールに迫る「遅攻」の傾向がありました。それがカウンターという今までにあまり見られなかったパターンから、得点を奪えたことは大きな収穫でしょう。