福井が誇る小野グループ3社が会社更生手続き入り! ~10年の歳月を経て明るみに出た旧第一勧銀の宿痾
小野グループHPより

 小野グループを率いる小野光太郎氏は、福井県を代表する実業家である。

 商社勤務を経て独立、1968年、機械メーカーの日本マイヤーを福井市に設立した。以降、ドイツ企業とのつながりを密にし、軽金属鍛造のワシ興産、軽金属鍛造ホイール製造のワシマイヤー、眼鏡レンズ製造・販売のアサヒオプティカルなどを中核に、小野グループを築き上げた。

 長者番付が発表されていた2004年まで7年連続で福井県一を記録、ドイツ連邦共和国名誉領事を始め英、米、カナダなどとの友好関係に寄与、福井県文化振興事業団会長、福井県立音楽堂名誉館長を務めるなど、文化活動にも貢献した。

 その小野グループの中核3社が、10月26日、会社更生手続きに入った。ただし、申し立てたのは3社ではなくメーンバンクの福井銀行。異例の事態となったのは、福井銀行の小野グループへの不信感によるもので、「過去10年近く不正な経理処理を行っていた」と、伊東忠昭頭取が記者会見で語ったのだから尋常ではない。

 小野ホールディングスを持ち株会社に、前述の倒産3社が中核となり、13社で構成される小野グループは、グループ従業員1000人、グループ売上高250億円の規模。品質と技術力で高い評価を得ており、事実、保全管理人に選任された新保克芳弁護士は、「本業部分に瑕疵はなく、再建は十分に可能」と明言している。