「中田の4番」も「斎藤の開幕投手」も「パ・リーグ優勝」もすべて計算ずくだった「日本ハムモデル」勝てる組織はこう作る

 開幕前の評価は、絶対的エースが抜けた「中堅チーム」。引退以降、一度もユニフォームを着ていない新人監督の就任は、「無謀」と揶揄された。なぜ優勝できたのか。当事者たちがその秘密を明かす。

数値がすべてを支配する

 リーグ優勝が決まった直後、栗山英樹監督は祝福を受ける度に、こんな言葉を残している。

「オレは何もしていない。一切口出ししていない」

 監督、いくらなんでも謙虚すぎるでしょう---そんな声が漏れてきそうだが、あるフロント幹部は、栗山監督の発言を、このようにやんわりと肯定してみせる。

「栗山さんは本当に何一つ要求してきてないですよ。その意味では、確かに『何もしていない』(笑)。彼はウチのやり方にとことん惚れ込み、日本ハムのチーム作りを誰よりも一生懸命に勉強し、実践してくれた。その結果がリーグ優勝に結びついたわけです」

 昨年まで球団社長として、チーム改革の旗振り役を担った藤井純一氏(近大経営学部教授)が続く。

「日本ハムでは、あらゆる面で監督に決定権がないからね。コーチ人事も、選手の獲得も、ドラフトも、一軍と二軍の入れ替えすらフロント主導で行いますから。栗山監督は、そこまでを事前に理解した上で監督を引き受けてくれる人物だった、ということでしょう」

 日本ハムの監督に必要な適性は、「日本ハムの一員になりたい」という熱意と、「爽やかさ」なのだという。

 思えば、今季開幕前に日本ハムの優勝を予想した解説者やスポーツ紙は皆無に等しかった。絶対的エース・ダルビッシュ有(現レンジャーズ)の抜けた穴を埋める補強が行われなかったことに加え、新米監督の登用が、しばしば「不安要素」として取り上げられた。

 では「何もしない」監督の下、日本ハムはどのようにして下馬評を覆し、混戦のパ・リーグを制することができたのか。

 藤井氏は、「ファイターズは、監督が変わったくらいでは弱くなるはずのないシステムを持っているから」と前置きをした上で、こう続ける。

「監督だけじゃないな。ファイターズの強みは、何が変わろうが、ブレない軸を持っているというところにあるんです。その『軸』とは、根拠あるスカウティングにより獲得した選手を、自前のシステムで育成する、という一点に尽きます」

「日本ハムとは、育成型のチームである」—これは、北海道への移転を決めた'04年以降、一貫して球団が取り組んできたテーマである。日本ハムはいま、最初の成熟期に達している。