[プロ野球]
佐野慈紀「日本シリーズ、史上3度目の対決はいかに!?」

 今季のプロ野球も、いよいよ大詰めを迎えています。クライマックスシリーズ(CS)が終了し、27日には日本シリーズが開幕します。今季のカードは、熱戦が繰り広げられたCSの末に、北海道日本ハムと巨人というリーグ覇者同士の組み合わせとなりました。リーグのプライドをかけた頂上決戦。果たして、どちらがチャンピオンの座を獲得するのでしょうか。

 2007年からスタートしたCSも今季で6回目を迎えました。ファーストステージが始まってから、セ・リーグのファイナルステージが終了した9日間、なかなかの盛り上がりを見せてくれていたと思います。ファーストステージでは両リーグともに第3戦まで行なわれ、そしてファイナルステージではセ・リーグが初めて第6戦までもつれこむ激戦ぶりでした。

 パ・リーグのCSを制したのは日本ハムでした。福岡ソフトバンクとのファイナルステージでは、無傷の3連勝を飾り、いち早く日本シリーズ進出を決めました。印象的だったのは「チームが一丸となって戦っている姿」でした。打線にしても、自分のできることを精一杯やって次につなごう、という意識が強く、それがバッティングにも表れていました。それは、お互いへの信頼感があったからこそだったと思います。

 3連勝の流れをつくったのは、やはり初戦に先発した吉川光夫でしょう。シーズン同様に7回7安打2失点と、しっかりと先発としての役割を果たしました。彼のピッチングが打線の逆転劇をもたらし、1点差を死守したリリーバーの好投につながったのです。この1勝が「よし、シーズンと同じ野球をやれば勝てる」という自信を生み出してくれたことでしょう。

 打線においても気持ちが一つになっていましたね。例えば、第1戦の7回裏、糸井嘉男の2ランで同点に追いついた後、2死一、三塁の場面で代打・二岡智宏が逆転タイムリーを放ちました。二岡は普段はあまり気持ちを表情に出す選手ではありません。しかし、その時は味方ベンチの方を見て、珍しく笑顔を見せていました。「あぁ、チームでこの試合を楽しんでいるな」。そんな印象を受けました。