『日本をダメにしたB層の研究』著者:適菜収
なぜ日本人は「参加」したがるのか? 【後篇】

第一章 B層とはなにか?(続き)

【前篇】はこちらをご覧ください。

B層とはなにか?

 B層とは、大衆社会の成れの果てに出現した、今の時代を象徴するような愚民です。

 私はこれまで二冊の本を書いて、B層の危険性を指摘してきました。

 『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体

 『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒

 共に「講談社+α新書」です。

 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(一七四九~一八三二年)やフリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(一八四四~一九〇〇年)といった過去の賢者の知見を振り返り、今の時代の病を浮き彫りにすることを試みました。

 すでにお読みになって理解されている方は、この節は飛ばしていただいて結構ですが、あらためてここでB層について説明をさせていただきます。

 最初にB層の定義を確認します。

 B層とは「マスコミ報道に流されやすい『比較的』IQ(知能指数)が低い人たち」です。

 これは私の造語ではありません。

 二〇〇五年九月のいわゆる郵政選挙の際、自民党が広告会社スリードに作成させた企画書「郵政民営化・合意形成コミュニケーション戦略(案)」による概念です。

 この企画書は、国民をA層、B層、C層、D層に分類して、「構造改革に肯定的でかつIQが低い層」「具体的なことはよくわからないが小泉純一郎のキャラクターを支持する層」をB層と規定しています。

日本をダメにしたB層の研究
著者:適菜 収
講談社刊 / 定価1,365円(税込み)

◎内容紹介◎

橋下首相待望論が沸き起こる中、現代日本で起こっているさまざまな「くだらない」現象を読み解くキーワードが「B層」である。「B層」=比較的IQの低い、騙されやすい人間たち、の特徴を細かく解説しながら、多くのB層に支持された民主党がかくも無様に崩壊した理由、そしてまた懲りもせず橋下徹こそ日本国首相にもっともふさわしいという今日の世論調査の結果に現れるB層の「勘違い」の害毒を、あらゆるジャンルで分析しながら、あぶりだしていく。