[BCリーグ]
富山・進藤達哉監督「改善点と課題点」

 監督就任1年目のシーズンが終了しました。今季の富山サンダーバーズは、前期は16勝19敗1分で北陸地区3位、後期は13勝21敗2分で同2位という成績でした。正直、「苦しいシーズンだった」と言わざるを得ません。特に後期は、新潟アルビレックスBCには福井ミラクルエレファンツ、石川ミリオンスターズ同様、1勝も挙げることができず、圧倒されてしまいました。まさに力を見せつけられたという感じです。

 とはいえ、選手たちが成長しなかったわけではありません。例えば、前期に最大の課題とされていた投手力ですが、後期ではストライクゾーンで勝負するようになり、四球数も減りました。ところが、逆に打線が落ち込んでしまったのです。相手投手が良かったということもあるとは思いますが、投手陣にはそれをカバーするだけの、踏ん張りが欲しかったですね。

 昨季、安定感のあるピッチングでチームに貢献してくれた日名田城宏や田中孝次といった柱が抜けた穴をどれだけ埋められるかが、今季戦ううえでのポイントとなっていましたが、結果的に見れば、2人の穴を埋めるだけの投手力を築くことができなかったということです。投手陣のけん引役として期待していた杉山直久は確かにリーグ2位タイの12セーブを挙げ、抑えとしての働きをしてくれました。しかし、彼の実力からすれば、こんなものではありません。結局は、杉山につなぐ中継ぎが心もとなく、勝利の方程式をつくることができなかったのです。

 加えて、前期頑張っていた先発陣も後期は猛暑の影響もあり、スタミナ不足が目立ちました。最も安定していたルーキーの高塩将樹(藤沢翔陵高-神奈川大-横浜金港クラブ)も、暑さで体のキレが悪くなっていましたから、来季への課題としてオフに取り組まなければいけません。

 私が富山のコーチに就任した2010年から比べると、毎年、それぞれに改善点も見られます。例えば、百合翔吾(出石高-大阪経済法科大-明石レッドソルジャーズ)は、1年目の昨季は、武器になるような決め球がありませんでした。そのため、せっかく2ストライクに追い込んでピッチャー有利のカウントにしても、決め球がないために、結局イーブンカウントにしてしまう、あるいは打たれてしまうといったケースが少なくなかったのです。しかし、今季は変化球がいいところで落ちるようになり、決め球として進化しつつあります。とはいえ、十分のレベルまでには達していません。百合のみならず、それぞれの改善点をさらに精度を上げていくことが必要です。

 17日には信濃グランセローズから大竹秀義(春日部共栄高)が移籍することが決定しました。彼は故障が続き、なかなかシーズンを通しての活躍には至っていませんでしたが、今季はようやく、1年間しっかりと強いボールを投げられることを証明してみせてくれました。富山にはいないタイプの投手だけに、来季の活躍を期待している一人です。