[ボクシング]
杉浦大介「西岡利晃を一蹴したドネアが歩むスター街道」

残念だった西岡の戦法

ドネアと西岡のSバンタム級頂上決戦にはアメリカのボクシングファンからも注目が集まった。

 大方で予想された以上のノニト・ドネアの完勝だった。

 10月13日にカリフォルニア州カーソンで行なわれたWBC・WBO世界スーパーフェザー級タイトル戦で、王者のドネアがWBC同級名誉王者の西岡利晃に9ラウンド1分54秒TKO勝ち。序盤から軽々とペースを掌握したドネアは、1ラウンドから着々とポイントを奪取していった。6ラウンドには左アッパーで西岡をダウンさせると、9ラウンドには右カウンターで再びダウンを奪ってのストップ勝利。スピードとスキルで力の差を見せつけ、最高の体調で大一番に臨んだという日本の雄をまったく寄せ付けなかった。

 開始ゴング直後からファンを苛立たせてしまった西岡の消極戦法は少々残念ではあった。強打のドネアが相手なら慎重にスタートするのは当然としても、第1ラウンドに放ったパンチが8発のみではブーイングを浴びても仕方ない。アメリカで戦おうと思えばエンターテイメント性が問われるのは当然で、そこまで含めた上での“本場のリング挑戦”ではなかったか。

「試合運びの上手さが長所の西岡が相手では、あまりエキサイティングな試合にならないのではないか。(プロモーターの)トップランク社と(放送局の)HBOはそれを懸念している」

 この試合が決定するよりも前に、あるフィリピン人記者が筆者にそう語ってくれたことがあった。日本びいきのドネア本人が挙行を望みながらもなかなか決定に至らなかった背景には、そんな理由も一因としてあったに違いない。そして、その懸念は少なからず的中してしまった感がある。